プリウスはタクシーとして適切なのだろうか?

プリウスのタクシーに乗るとガッカリする。

って、3ナンバーだから普通車料金で、メチャクチャ乗り心地悪いんだよ! 燃費Specialとして設計されたプリウスをお客さんを運ぶ車に位置づけるタクシー会社の意図が分からない。いや、意図は燃費の問題とクリーンなイメージの戦略なのだろう。でも、顧客を大事にしない会社に未来はないというか、日本全体がハイブリット車をありがたがる意味が分からない。

行型プリウスとなって、TENGAシャーシの性能からか随分ましになったが、燃費を考えて空気圧を上げたサイドウォールの堅くて細いタイヤの乗り心地は最悪。ガタピシ音はするし、設計は古くてもクラウンコンフォートやセドリックのタクシー専用車の方が100万倍まし! しかも燃費を考えた外観のため後端に向かって下がっていくルーフのおかげで、乗り降りしづらいし室内の開放感もない。ふざけるなレベルの乗り物。


スポンサーリンク
Smart Drive Cars
人気ブログランキング
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラ還オヤジへ
にほんブログ村

かに、ストップアンドゴーの多い日本では、燃費を稼ぐのにプリウスのSystemは全体として優れていると思うし、目一杯踏まれると、2リッターのNA車はおいて行かれる動力性能。燃料を気にしないで雨風しのげて移動できれば良いのなら、軽自動車の方が絶対的な支払額は少ない。

もかかわらず、何故プリウスなのか? ハイブリットなのか? 意識高い系のマスターベーションのような気がして仕方が無い。航続距離に難はあるが、同じく高い車を環境性能を気にして買うなら、自分ならEVにする。あるいは、シリーズハイブリット(エンジンを搭載するが、発電だけに使用するモーターで走る車-日産ノートe-Power)とか。


スポンサーリンク

ずれにせよ、ハイブリット車は無用だと思ってる。日本以外の国では、TOYOTAのハイブリット車あまり売れていないようだ。だって、高速道路を比較的速い速度で巡航したら、ハイブリットのメリットないもの。ここで有利なディーゼルの不正プログラム問題で、一気にEVに移行するような話になってる。ここに来て、TOYOTAも大慌てかな。モータとバッテリー使ってきたわけだから、どうにかするでしょう。ただし、ハイブリットで培った技術は凄く役に立つのかな? TOYOTAのハイブリットは緻密なあまりにも複雑な技術であるにもかかわらず、EVはそれを必要としない。

分は、正直、TOYOTA大っ嫌いだからどうでも良いのだけど、かつてトリニトロンのブラウン管にかまけて一気に液晶化したとき乗り遅れたSonyにならない事をい祈るばかり。

なみに、初代86と初代MR2持ってました。それから、今の豊田 章男社長は大好きです。この件については、またいずれ書きましょう。










Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA