ドローン操作してみた。CX-OF 中華製

ドローン 実は三度目の挑戦

昨年だったか、LILYに7万も出資して、騙されてお金は戻らずの人間です。英語が出来れば、取り戻す方法あったのかも知れないが、それもせず泣き寝入り。馬鹿なやつです。とにかく、新しもの好きだけど手間暇はかけたくない人間なので、こういう目に遭うわけです。覚えてないけど、この手のことは良くあるような気がする。


スポンサーリンク

、販売が順延になっても待ち続けていたわけですが、chinaの安いドローンを見つけたので入手。

ちゃんと浮き上がって操作はできるし、動画も静止画もバッチリなのですが、操作に慣れるのに時間がかかり長い時間上手く飛ばすことは難しく、ずっと放ってある状態でした。しかも、この製品もマニュアルが基本英語か中国語なのでよく分からなくて困りました。多分、意地悪なのでしょうが、china製品には多言語対応のマニュアルがあるのに、日本語が無いパターン多い気がします。

ちなみに写真の製品は、CX-10W  です。

 

近、ネットのニュースで凄く簡単の飛ばせると評判のドローン CX-OF を発見。早速、購入してみたところ、圧倒的に操作が楽でビックリしています。最も、それでも年寄りには難しく、自由に飛ばすのは少し先になりそうです。それでも、上昇ボタン押すだけで、一定の高さに静止してくれて、着陸ボタンでちゃんと着地してくれるだけでも、私には感動ものです。


スポンサーリンク
Smart Drive Cars

chinaの技術、侮れません。実際、HUAWEIのポケットWiFi普通に使っていて、問題ないですし。正直、おっさん世代は、china製品を馬鹿にしていたのですが、随分と様変わりしたものです。マナー等も含め、今の日本並みの先進国となった後には、残念ですが、日本は全ての部面で太刀打ちできないのではないでしょうか。そう書きながら、なんか信用できないんだよなって思うのは、私だけ?

あ、消費者の立場から言えば、品質・安全性がしっかりしていて安ければ、どこで作ったかは関係ないと言うことです。逆に言えば、日本でしか作れないものを送り出せば、売れると言うことでしょう。元に、maid in japanを売りに、売り出してるパソコンとかありますものね。

おっさんズ チョイス



 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA