Alfa Romeoのディーラーに行ってみた。

そうしたら、FIATとABARTHを併売していた。

Alfa Romeo・Giulia Quadrifoglioの500馬力に惹かれて、カタログぐらい貰おうと軽い気持ちでAlfa Romeoの店舗を検索したら、中央道国立府中インターのすぐ側にディーラーがあることが判明、別項で書いたClassic Miniのプチロングドライブの帰りに寄ってみた。
そうしたら、目の前にPorscheの店舗や、これまた前に書いたBMWの店舗もあり、輸入車の店舗が多いことを初めて知った。まあ、国立に住んでいる人いかにも乗りそうなイメージ。


スポンサーリンク

、Alfa Romeoの店舗に入ったら、まずどこの止めて良いのか分からないし、一切人が出てこない。幸い先ほど書いたようにMiniで行ったので、ナンバー無しの登録前のFIAT 500の前に置かせて貰った。そうしたらやっと店員さんが出てきて、何も言われなかったのでそのまま駐車。Alfa Romeo・Giulia Quadrifoglioに興味があるために来店したと告げたところ、衝撃の事実が。何とAlfa Romeo・Giulia Quadrifoglioは、整備工場の都合らしいのだが、 Alfa Romeoの専業店でしか扱っていないとのこと。エッ、そんなの知らないと目が点。Alfa Romeoに詳しい人なら当たり前なのかも知れないけど。

れでも、ショールームにABARTH 595 COMPETIZIONEが展示してあったので、それを見たいと告げると、セールスの者に案内させますとの事だったので、ショールームへ。でも、全然セールスが現れない。おかげさまで、ABARTH 595 COMPETIZIONEの運転席に自分が座ってみたり、パートナーにも助手席に座って貰ったり、バッチり堪能。完全にバケットシートなのだけど、パートナーから意外な一言『これ良い』。またまた、えっとなって、買っちゃうぞ気分に。しかも、オプションと呼べる物は、ナビとETC位。なので、乗り出し価格400万円強ってところ。ちょっと、本気モードに。今ある3台売り払って、これと、新型ジムニーがあると、幸せになれるのではないかと。

も、まあ冷静になりました。4人乗り2台体制も困るし、ABARTH 595 COMPETIZIONE買ってしまうと、常に車が速く走れと言ってくる。コレは、辛いかなと。BMW M3より安くて早そうでかつ4WDなのでGiulia Quadrifoglio見に行ったら、とんでもない展開になってしまい自分でびっくり。

うこうしているうちに、セールスマン登場。凄く感じよく対応してくれて、Classic Miniで行ったにもかかわらず、見送りも丁寧でした。しかも、整備は出来ないけどGiulia Quadrifoglioの販売は出来る、本店で買っていただければ、私どもで車をお預かりして専門店に持って行って整備可能とのことでした。まあ、なら買っても良いかなとも思いました。


スポンサーリンク

んだか売る気があるのか無いのか分からないお店せでしたが、店内には点検で来ていらっしゃった女性が一人居ましたし、自分たちが入店した直後、Mercedes-AMG GLEのご夫婦が来られて、店の方と懇意にしゃべっていたので、結構売れているのかも知れません。

ーん、次の車どうするか本気で悩み中。まあ、結局買わない線の方が強い気がするけど。

おっさんズ チョイス



 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA