車の自動運転についての考察

予想外に早く実現すると思う。

っさん、実は自動運転に期待してます。何故かというと、日々、身体の衰えを感じ、今のような運転が出来なくなることをひしひしと感じているからです。


スポンサーリンク

際、所有しているRANGE ROVER SPORT AUTOBIOGRAPHY DYNAMICの車幅は1983ミリ(Mirrorを含まず)で、取り回しが結構しんどくなってきていて、もう、高速道路で長距離移動する旅行以外では使っていません。一回、車幅感覚を誤り、左Mirrorを壊したときは、凄く落ち込みました。ですので、26ヶ月で7000㎞程しか乗っていません。

れでも、乗っているのは、気ままに思いつきでいつでも出かけられ、好きなところによれる。これが、公共の交通機関に無い大きな魅力なんです。つまり、プライベート空間を確保したままでドア・ツー・ドア出来る乗り物は必須なのですが、その内その手段を失う可能性があると言うことになります。


スポンサーリンク



在、高齢ドラーバー増加で、高速道路の逆走・アクセルとブレーキの踏み間違え・町中の車の速度の低下・のろのろ運転に対するあおり運転の問題等とんでもない状況になっており、おっさんはまだ、高齢者の側にかろうじてカテゴライズされていないけど、もうすぐそうなってしまうわけです。それは、さすがに嫌だなと。それを救ってくれるのが、自動運転だと思っているのです。

まり、おっさんが車に乗り続けるために必須の技術が自動運転というわけです。

ほど、挙げたRANGE ROVER SPORT AUTOBIOGRAPHY DYNAMICもMirrorに死角を注意する機能や、前者につい追随する機能、自動ブレーキの簡単なもの、カーブを曲がりやすくする機能等、自動運転の前駆的装備は搭載されていますし、その機能が欲しくて買い換えた面があります。


スポンサーリンク
Smart Drive Cars
人気ブログランキング
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラ還オヤジへ
にほんブログ村

かし、それも、おっさんがしっかりしていることが前提。そう考えると、やっぱり、自動運転へ期待が高まり、行き先を言えばそこに連れて行ってくれるようになったら、絶対に買います。ひょっとしたら、その前に家庭用ロボット買うかも知れませんが(笑)

も、それはそれで寂しいというかつまらないかな。やっぱり、自分で運転するのは楽しいですから。ある人が、うまいこと言ってました。馬が車に変わっても『乗馬』のように残った。だから、車もそんな形に残るだろうと。こっちも、凄く期待しています。

談ですが、たまに乗るClassic Miniくん、一号車はおっさんと同じ歳の生まれです。(このページを参照して下さい。『水辺のClassic Mini』)パワーも無いし、ステアリングも重いし、ガタピシ言うし、音はうるさいけど走ったら遅いし、当然、今風の自動何とかは一切付いていないし、現代の基準から言ったら、クラシックカーのような存在です。でも、スピードが出ていなくても、十分楽しいのです。自動運転が一般化しても、乗っていたいなって切に思っています。










Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA