4K・8Kテレビの恐怖

女優さんどうなるんだ!?

っさんの自宅は、フルハイビジョンのテレビしか無いのだが、家電量販店に行ったときなど、4Kテレビを見てその綺麗さに圧倒されて欲しいなと思って眺めている。でも、どんどん画面が精緻に綺麗になるのってどうなんだろう? 一般論として綺麗になるのは、大賛成なのだが….

た、昔話になってしまうが、おっさんが物心ついたときにはもう白黒テレビがありました。その頃印象に残っているのはポパイ(ほうれん草を食べると強くなる。)とマイティ・ハーキュリーというアニメです。もう少し大きくなると、鉄人28号をはじめとして、皆さんが知っている物が登場すると思いますが…


スポンサーリンク

の頃は、当然白黒。アンテナがちゃんと立っていないというか、ゴースト(背景の山などに反射したTV電波をアンテナが拾ってしまって、映像がダブって見える現象)が当たり前でした。チャンネルも、『まわす』もので、物理的なスイッチだったのでカチャガチャと音がしました。リモコンなんて物は存在しません。

思議なのは、ちゃんと思い出せば映像が白黒であったことは確かなのですが、普通にアニメのキャラクターを頭に思い描くときには、勝手な色が付いています。きっと、脳の仕組みの問題なのでしょう。

こで、やっと本題。アナログハイビジョンを経てデジタルハイビジョンが標準になったこんにち、ゴーストとか映像の乱れも無く、本当に綺麗な映像を見ることが出来るようになりました。が、綺麗な映像が見えると言うことは、綺麗な物は綺麗にそれなりの物はそれなりに(昔のフジフィルムのCMみたいですが)ということです。


スポンサーリンク

あなたのクルマ高く売ります!

りくどいですよね。2017年大晦日のNHK紅白歌合戦、今年引退を表明している安室奈美恵さんの出演で話題になりましたが、その際、異常にに白が強調される画面ではありませんでしたか? メイン会場では無く、側のスタジオからの中継でしたし。また、昔、鈴木その子さんという方がいましたが、この人も異常に白い画面の中に白い顔で出演していました。どういう事か? ハレーションというのか白飛びいうのか分かりませんが、その現象を利用して、顔のしわやくすみを無かったこととしているというわけです。

う一つ2017年末は、大阪の登美丘高校のバブリーダンスが流行りましたが、この高校生と荻野目洋子さんのコラボ、ご覧になりましたか? 演出上の都合とはいえ、かたや厚化粧だけどお肌ピチピチの女子高生、そして荻野目洋子さんがアップになると….年齢を重ねたのが分かるお姿に映っています。正直、レコード大賞のピンクレディーも見るんじゃ無かった。もはや、おばあちゃん感も感じてしまった。

うなんです。これ以上綺麗な4Kや8Kが一般化したときは、人物の顔のアップはNGになるんじゃないかと思います。考えてみれば、日常生活において他人の顔をアップで見ることは無いので気づいていないだけで、側で見れば皆さんお年なりの状態であるはず。それを、アップにしてしまうわけですから、失礼ですが映像として綺麗な物にはなり得ません。
そうなったときに、出演者の皆さん、特に女優さんはどうするのでしょうね? 特殊なエフェクトでデジタル処理するのかな? とにかく大変な時代になった物ですね。


スポンサーリンク
Smart Drive Cars

あ、おっさんの頭の中にあるタレントの方々が歳を取っていないので、余計に老いの部分が強調されるのだと思います。で、散々人のことを書きましたが、そういうおっさんも鏡に顔を写し、垂れ下がった頬見てに驚愕しています。

だ、おっさんとしては、綺麗な若い子だけがアップになるというならそれで十分ですが。(笑)

おっさんズ チョイス



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA