液体ガラスフィルム!?-追記:2018/05/11

もしかしたら、画面保護の救世主かも!

ラウドファンディングのMAKUAKEで企画された製品で、ガラスを改質するという物とは別物のようです。そもそも凄く安定しているガラスの改質なんて事が、ちょっと液体を塗ったことぐらいで出来るとは思えず、結局、ガラスの改質を謳った、コーティングみたいな気もしますが...
詳しい仕様記は、みんなのライフハック@DIMEをご覧下さい。

衝撃…塗る液晶ガラスフィルム!そんな近未来の商品【液体ガラスフィルム】公式HP


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

いうわけで、スマホ等のガラス保護って、本当に大事だと思いませんか? 割れちゃったら保険にはいっていても散財だし、それにとにかく悲しい気分になりますよね。液晶画面の傷も、ちょうど被ってまずい位置にあるとイライラマックス。

から、保護フィルムは必須なのですが、上手く貼れなかったり、気泡やゴミが入ってしまい画面が見づらくなったりという経験をお持ちの方が圧倒てきでしょう。フィルム事態も進化したし、貼り方の指南も充実してきたので、現在はまあ満足がいく状態で貼れることが多いのですが、それでも時間が経つと端っこから剥がれてきて、嫌な感じになります。


スポンサーリンク

もこの液体ガラスフィルムなら、今までのネガとは完全おさらばできると直感しました。ただ、いくらキレイに仕上がっても画面保護の能力が低ければ本末転倒です。先ほどの使用記を読ませていただいた限りは、そんな事はなさそうです。

だ、やっぱり自身で使用してみないと分からないので、クラウドファンディングに入金しました。商品の到着が楽しみです。ちなみに、お試しなので、2000円弱一番安い投資をさせていただきました。


スポンサーリンク

回期待しているのは、性能はもちろんですが、例えば専用のフィルムが用意されていないWi-Fiルーター等の画面へのコーティングも、液体であるので自由自在というところです。後は、専用のフィルムはあるものの満足する性能の物に出会っていないApple WatchⅢへの塗布を考えています。

く来ないかな。今から、楽しみ。

追記:2018/05/11

5月になって、やっと届いた液体ガラスフィルム。早速、Wi-Fiルーターに使って見たところ、残念ながら施工が出来ませんでした。取説の通り、付属のウェットティッシュで拭いてもダメだったのでイソプロピルアルコールで再度拭きましたが無理でした。脱脂が出来ていない感じで、写真の様になってしまいます。残念です。



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

路面凍結注意を!!

次の記事

腹筋運動と便通