Anycaで車を貸してみた

スマホのアプリを使って、車を貸し借り!

Anyca公式HP

家用車って、常に使っているわけでは無いですよね。自分の脚車 Mercedes-Benz C Classも通勤用で土日は基本的に使っていません。この車が、わずかばかりかお金を生んでくれれば嬉しいとは思いませんか? そこでAnycaの出番です。


スポンサーリンク

に、自分で借りたいヒトを探して貸しだしてもいいのですが、なかなか見つからないでしょうし。価格の交渉も面倒です。それに、保険どうするんだとか色々厄介なことが出てきます。これらを、Anycaのアプリを使えば簡単にできます。

ず、貸し出し代金のやり取りはクレジット決済ですから、頂き損ねたり急に法外な値段をふっかけらっると言うことがありません。また、借りても貸しても免許証やマイナンバーカードなど顔写真付きの身分証明書をAnycaに登録しますので、身元が怪しい人とのやり取りは避けられます。さらに、契約が成立した時点で自動的に借り手が保険に入る仕組みですので、これまた安心です。


スポンサーリンク

あなたのクルマ高く売ります!

た、車両を渡すときに傷の有無を借り手貸し手が一緒に確認し、傷がある場合は写真にて記録しておいて、後でトラブらないようになっています。返却時も同じ事をします。新たな傷があった場合には、その場で写真にて記録となります。なお、実際に貸し出しを行うときには、相手の方の免許証の写真を撮らせて頂き、Anycaに事前登録してある物と齟齬がない事を確認しないと貸し出しが出来ません。

し出し代金の上限は、車両購入価格と年間維持費から自動的に決められ、その範囲内で車両オーナーが自由に決められます。ただし、基本的に1日単位の貸し出しです。おっさんの車両な場合は、11年落ちの車ということもあり、1日上限額が3118円でしたが、2980円でお貸ししています。

、実際2018/01/27~2018/01/28迄お貸ししました。借主は、30代の今風の方で、彼女さんとドライブデートのために借りたようです。とにかく、紳士的で落ち着いた方で、何の心配もトラブルも無く貸し出しを終了しました。


スポンサーリンク
Smart Drive Cars

だ、課題もあります。基本的に1日単位の貸し出しになろ、それに連動して保険に入って頂きお貸しするのですが、例えば25時間お貸しする場合、2日分の料金はいただきづらいので、頂きません。そうすると、その1時間分に保険が適応されないので、その部分は心配です。その部分だけかけられるのかは、おっさんは定かではありません。

お、この保険、面積10万円で総賠償額300万円です。また、車両盗難には対応していません。となると、やはりあまり高価な車両は貸し出ししづらいかなと思います。それに、10万以内だ本人が払ってくれないとどうにもなりません…

れでも、貸し出しを行っている車両には、ポルシェがあったりして魅力的です。提示してある金額では、到底借りられませんので。また、ケーターハムのような特殊な車も借り出せます。また逆に1日999円で借りられる軽自動車があったりして楽しいです。

両の受け渡しをする地域ごとに選ぶことも出来ますので、もしかしたらご近所の車も貸し出ししてるかも知れません。

後に、リスクは無いのか。当然、リスクはあります。例えば、全損の事故で仮に保険金が全額支払われたとしても、手元には車が無くなるわけですし、手続きやらなんやら煩雑でしょう。乗り方が荒いとか汚く使われるとかもあるでしょう。従って、こだわりがある車は、貸し出しNGが原則だと思います。それと、上限価格のが決まっているので、貸しだして儲けようは無理だと思います。ほんの、コーヒー代稼ぎって感じだといいかもしれません。

おっさんズ チョイス



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA