SUAOKI ポータブル電源 S270

この容量でこの値段は、お買得!?


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

SUAOKI公式HP(ただし英語です)

ずは、仕様のご紹介。
SUAOKI ポータブル電源 S270 家庭用蓄電池
3Way充電式:容量40540mAh/150Wh
        ACアダプタ:15V2A
        カーチャージャー:12V
        ソーラーチャージャー:12-20V
・3Way出力:ACコンセント(2口):110V/60Hz 100W(瞬間最大150W)
       DCポート(4口):12V/120W(瞬間最大15A/180W)
       USB出力ポート(4口):急速充電規格QC3.0(1口):最大18W(5V/2A、9V/1.5A、12V/1A)
       USB(3口):5V/最大2.1A
・LEDライト:常時点灯とストロボを切り替え
・寸法:184.5*109.5*118.5 mm 重量:1.3 kg 取っ手も付き
・12ヶ月保証付
中泊 キャンプ アウトドア 防災グッズ 地震 停電時に最適とのこと。

当のところは、コンパクトで容量が大きいバッテリーだなということくらいしか分からず、うまく説明できない部分もあるのですが、 レビユーを纏めるサイト レビマトさんが使用記を書かれていますのでご参考に。


スポンサーリンク

たソーラーバッテリー接続に関しては、ばか日誌でモーリーさんが使用記書かれています。どうやらソーラー対応のポータブル電は貴重みたいです。とにかく筐体の大きさに注目です。大げさに言えば、手の上に乗ってしまうサイズ。場所も取らないし、確かに、もしもの時の緊急電源やキャンプ車中泊にピッタリです。

あ、おっさんの感想ですが、こんなに小さなバッテリーで、ごく一部ですが普通の家電製品が使えるのは驚異としか書きようがありません。思い起こせば、おっさんの子どもの頃は、バッテリーといえばマンガン電池で、バッテリーを積んでモーターでプロペラ回す飛行機なんて想像できませんでした。

は、逆に、エンジン付のドローンなんて想像つかないですものね。電池は、他にも色々あるのでしょうが、アルカリ電池→ニッケル水素電池→リチウムイオン電池と進化し、それに伴って電池で出来ることもどんどん広がってきた感じです。


スポンサーリンク

の手のバッテリーの凄さを思い知らされたのが、車のバッテリー切れの時に使うリチウムイオンバッテリー エンジンジャンプスターターです。自動車バッテリー補充電装置CTEK(参照)を使うまで、Classic Miniのバッテリーが直ぐにやばくなっていた時期があり、車載していました。そして、実査にエンジンがかかる!!! スマホ3~4台ほどの筐体なのに! 時代は変わったんですね。まあ、だからEVに時代なのでしょうけど。




Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA