清里高原ホテルに泊まってみた!

マイナス15℃の中、星空を眺めて大満足!!


スポンサーリンク

々な設備を持つホテルはあるが、天文台があるホテルは少ないのではないだろうか?
冬の清里は、ウィンタースポーツしなければ何もすることがなさそうだけど、何か面白そうな所ないかなと探していたら、行き当たったのが清里高原ホテル。元々は、何も考えずにレゾナーレ八ヶ岳に行こうと思ったのだけど、シーズンホテルは売りの波が出るプールが改修だかで利用できない。ならつまらないと探した。

宿泊施設で、星空観察が出来るところはあるようだが、ホテルというとそんなに多くない。しかも、オタクやマニア向けではないので、全くの素人も楽しめた。おっさん、自慢じゃないが、夜空をじっくり眺めたことなど、ほぼ皆無。そもそも、夜空観察のためにちゃんとした天体望遠鏡を覗いたのが、50年ぶりくらい。小学校の高学年ぐらいに、三鷹の天文台で土星の輪が見えなくなるタイミングで覗いただけ。


スポンサーリンク



にかく、興奮状態なので、星空観察のことから書きます。毎夜、天候不順で無ければ通年20:00から30分刻みで4回実施しているようです。自分たちは、食事の後20:00の回に参加したのですが、平日にもかかわらず20人以上の宿泊者が集まりました。しかも、実に様々な方々がおられました。大学生の合宿風、カップル、熟意夫婦、星が見たくてきたであろう女性の二人連れ、本能に様々です。ちなみに、おっさんは、周りにはきっと親子に見えたであろう女性と。決して、愛人とか性的な関係がある人じゃないので、悪しからず。
1回30分の見学会で、不思議な感じの初老の男性が解説して下さいます。きっと星空好きなんだろうなって、全身からオーラが出てる方です。この方が、その夜見えている星をコンピュータを使ってプロジェクター出力してくれて、色々教えてくださいます。

の後、室外に出て夜空観察用のスペースに移動します。そして、夜空を見上げてみたら、ワーオ、今プロジェクターの映像でみたのと同じ星空が広がっている!!! 星の色が違うのを、半世紀以上生きてきて初めて体感できました。これだけで、十分ファンタスティック。懐中電灯を巧みに使って、夜空そのものに星座をイメージさせて頂いたり。セオリー通りに、北極星を見つけられたり、楽しかった!! ただし、外気温は、マイナス15℃でした。この日は、最高気温もマイナスで、これも人生初経験。ンっ、スキー場で経験ありますねきっと。


スポンサーリンク
Smart Drive Cars
人気ブログランキング
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラ還オヤジへ
にほんブログ村

の後、天文台に移動して覗きましたが、以外とこちらはあまり何も感じませんでした。ただ、とにかくシリウス? が明るく輝いていて綺麗というかビックリしました。宿泊客のだけかが、LEDみたいとおしゃっていましたが、まさにそんな感じです。というわけで、あっという間の30分でした。一応、普段外に行く時に着るコートの内側に、ウインドブレーカーを着込んでいきましたが、会場でボア付のベンチコートを貸しだしてくれていて、これを着て丁度何とか持ちこたえられましたが、ちょっとでも風があると顔がやばかったです。

て、ホテルですが、比較的暇な時期にいったので、スタッフ・お客さんとも少なかったのですが、とにかく快適。おっさん的には、間違いなく三つ星です。車寄せに、車をつけると、スタッフが飛んできて、荷物を下ろすのを手伝ってくれて、チェックインはフロントでは無く、ロビーのソファーでしてくれる等、おもてなし感一杯です。帰りも、車寄せに車付けたら、荷物を車のトランクまで運んでくれました。こういう機会はあまり経験が無く、嬉しかったです。

屋は、4Fの富士山ビューの部屋。富士山の他に、南アルプスや八ヶ岳?の山が眼前にある大パノラマでした。これも、三つ星。天候に恵まれたので、朝夕の日の出入りの時、オレンジに染まる富士山が素敵でした。

事は、朝夕付でフレンチを頼んでいたのですが、こちらも普通に美味しかったです。
朝食は、バイキングでは無く、各テーブルにサーブしてくださる方式。飲み物やパン等おかわり自由でした。特に、これはといった目玉があるわけではありませんが、十分に美味しく、二人合わせての宿泊料が、一人あたり2万以下ですから、大満足の物でした。

泉は、加温・注水・循環の物で、無色透明無臭でしたので、物足りなさはありましたが、清潔でくつろげる空間でした。特筆すべきは、外の露天風呂の出入りするところの手すりが凍っていたこと。湯船に入ってし合えばどうにかなりますが、寒かったの一言です。

まあ、品等に素敵な静かで落ち着いたホテルで、大変気に入りました。出来れば、また、夏にでも訪れたいです。どうやら、夏は天の川が綺麗らしいので。あの空で天の川が広がっているのは、さぞ幻想的だと思います。

うそう、何と、Canopus観られました!! もっとも、この星空観測に参加するまで、存在すら知らなかったのですが…. Canopusっていったら、一斉を風靡した、グラフィックボードの会社しか知りませんでした。(笑)

【じゃらん】料理、温泉、おもてなし…クチコミで選ばれた宿ランキング

《失敗しない!》お得なホテル予約 【るるぶトラベル】

ホテルランキング

業界最安値の宿泊クーポンなら、トクー!

ゆめやど(平日がお得な宿泊予約サイト)

高級宿泊施設の予約ならrelux










Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA