モバイル世代の真空バック器、Piccola

小さい・カンタン・コードレス


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

っさんは、食料品とかに真空パックを導入していないのだが、その最大の理由は、ちょっと大げさな道具と値段の高さ。かといって、その機能には魅力を感じていないはずも無く、ちょっと良いなと思っていた。 ただ、真空パックをするような調理をしないので、購入対象となっていなかった。おっさんとしては、鶏肉を自分でスモークし保存するなんて用途を考えていたのだけど、スモークしないもんね。(笑) ところでこの製品は、何と3980円これならあり!

、この製品、コンパクトだしUSB充電式だし、理想的。特に、USB充電なら海外でも問題なく使えそうでしょ。そうなんです。この製品は、旅行に持っていく荷物の圧縮に使えるみたいなのです。えー、滅茶苦茶便利じゃ無い。先ほども書いた、海外旅行の時なんて、帰りにお土産とか増えて、スーツケースの蓋をスゲー一生懸命閉じたのに、出国検査の時開けさせられて、泣きを見たこともある。実際の能力に寄るけど、これ欲しい。


スポンサーリンク

では、布団圧縮袋を便利に使っているのだけど、気密が保たれず、半年もたっつと膨らんでしまって閉口する。でも、旅行ならおっさんの場合は1週間以内、この製品で普通に空気吸えるなら、十分って感じがする。

は、専用の袋の値段とバキューム時の騒音かな。夏、海にシガーライターから使える浮き輪等の為のインフレーターを持っていって使うのだけど、スゲーうるさくて、いささか参っている。当然、帰るとき逆にホースを繋げばバキュームで切るわけだが、音は同じ。当たり前か…


スポンサーリンク

だ、残念なことにこれまたクラウドファンディングでCAMPFIREで出資者を募っていたが、2017年の12月25日に予定額の10倍以上を集めて終わってしまっている。

一応、CAMPFIRE PiccolaのHP

Amazonで見つけたけど、チト高い。

結局、こっちの方が便利かも!?

 



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA