cheero Power Mountain 50000mAh

これはもはやMobileバッテリーでは無い!!

cheero Power Mountain 50000mAh

日本大震災の際には、おっさんの住居は計画停電の対象地域となり、結構シンドイ生活となった。無論、時間も期間も限定の見通しが立つモノだから、被災地の不便や不自由と比べることなど出来ませんが、大変だったと記憶しています。


スポンサーリンク

て、おっさんは、電気が無い生活など全く考えられません。しかしながら、災害時の備えとなると、自動点灯するバッテリー式のライトが1つ、手で握ると発電できるライトが一つ。普段使いのMobileバッテリー1つ、大容量のMobileバッテリー2つといった具合です。明かりとスマホのbatteryについては、何とか見通しがありますが、他は皆無です。大容量のホームbatteryを設置するか、三菱アウトランダーのハイブリッド車があれば、一般家電製品も使えますが、残念ながら、両方とも持ち合わせていません。

の製品があれば、USBで繋がればほぼ何でも稼働可能なのではないでしょうか?
扇風機、加湿器、テーブルライト、Bluetoothスピーカー、電気マットや毛布、掃除機、極小冷蔵庫等、沢山の製品が使えます。それぞれの能力はたかが知れているかも知れませんが、緊急時に使えると言うことに大きな意義を感じます。


スポンサーリンク



た、防滴カバーが付いているので、アウトドアで快適な時間を過ごそうとしても同じように使えます。もっとも、本体の重量が1キロ弱あり、あまり手持ちでの運搬は想像できません。となると、オートキャンプになるような気がしますが、だとすると少なからず電源は車にあるような…. ただ、。普通の車で車内泊するような用途には最適かも知れませんね。

うそう、この三角形、タブレットやスマホを立てかける丁度いい角度になるようになっているようで考えられてデザインされています。


スポンサーリンク
Smart Drive Cars
人気ブログランキング
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラ還オヤジへ
にほんブログ村

あ、万が一Mobileバッテリーとして考えると、重いし、大きいし、条件によりますがフル充電に8時間かかるし、不便な面ばかりが目に付きますが、災害時の防災用品として考えれば、最適かと思います。そうであるならば、安心や安全を買う値段としての2万円弱は気になりません。おっさんも、夏のボーナスで購入考えようかな。










Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA