ドコモ スマートフォン Xperia XZ SO-01J 不調

SONYさん、いい加減にしてよ…

Xperia XZ SO-01Jについては、WIKIPEDIAで
SONY公式HP 

2016年の末に購入した気がするので、もうすぐ一年半の使用です。おっさんにしてみると、結構長めに持っているスマホということになります。たいてい、一年も使用すると充電方法が悪いのか、バッテリーの持ちが悪くなり買い換えというのがいつものパターンです。

ころがこのSO-01Jは、連絡先として皆様に知ってもらっているメインのスマホでるのですが、用途とすると、通話・ライン・乗り換え案内・Suica・監視カメラのモニターくらいにしか使っていないためか、batteryに関しては不便を感じるような事態になっていません。動画を見たり音楽を聴いたりゲームをしたりは、もっぱらiPhoneXで行っています。

いうわけでbatteryの持ちの問題も無いし、熱暴走でカメラが使えなくなることもほぼ無くなったしそれなりに満足していたのですが、何と肝心要の通話機能に問題が出ています。通常モードで話すと、相手にはもの凄くワンワンと聞き辛いようで、ハンズフリーモードだと快適に聞こえるようなのです。しかも、このハンズフリーモードが、勝手に解除されてしまうと言うことが度々起こります。画面上は、ハンズフリーモードの動作を示すインジケーターが点灯しているのに、通常音声通話モードになります。なんの前兆も無く勝手に切り替わるので、本当にいらいらします。

マホを持つようになってから、かつてのSONYに技術力を期待してXperiaシリーズを買い続けているのですが、結局、満足する商品に出会わずしまいといったことのなってしまっています。本当に、勘弁して下さいよ、SONYさん。もう、しっかりした商品を作ることが無理なのですかね…. かつては、アップル社の製品が勘弁してよの世界でしたが、おっさんの中では、例えばiOSには絶大なる信頼を置いています。とにかく安定していて、アプリがクラッシュしたり固まることは皆無です。

っさんの中には、SONYはアップル社に肩を並べる技術力と先進性を持った会社という印象があるのですが、もう期待するだけ無駄な気がしています。どんなに、音楽アプリが優秀で、ハイレゾに力を入れようとも、おっさんは、所詮Spotifyで済んでしまうので、関係ないです。優れた、映像技術も、家のTVが4K対応でないので宝の持ち腐れです。

そらくここら辺にあるSONYの強みはこれからも大事にして頂きたいのですが、もっともっと基本的なところで、ユーザーに優しく欠点の無い商品を提供して頂きたいと思います。

ゃあ、次のスマホはどうするのかということになると、GALAXYは使いたくないし、結局Xperiaになります。ただ、今回はフラッグシップモデルは止めて、おそらく、スペック的には今のモノと大きく劣ること無く手に入ると思いますので、コンパクトモデルにしようかなと思います。性能を使い切る使い方をしていないので、なるべく投資額を圧縮しようと思います。ただ、今だと昨年の11月発表のXperia X1Z compact SO-02Kになってしまうので、新モデルを狙います。

す返すも、日常使いで不具合が出るのは、何だかなあ~……..

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA