スイカ1苗オーナー募集

益城町・續農家の甘いスイカのクラウドファンディング

益城町・續農家のあま?いスイカスイカ1苗オーナー募集公式HP


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

本一のスイカ生産量を誇る熊本県!益城町からの発信です。これ面白いと思いませんか? 新しく何かを作るわけでは無く、今まで通りの農業としてのすいか作りをクラウドファンディング化しているわけですから。一般的なすいかの糖度を上回る糖度12%以上の物がてに入るようですが、自然相手のことですから、あくまでも目標で確約はされていません。最低のクラウドファンディング費用が4700円で、小玉スイカ1玉(約1.3㎏から約2.5㎏ 直径20cmほど)が手に入るようです。もっと金額を出せば、大玉も手入ります。

、この値段どうなんだろうと思って調べてみたら、高級すいかとして楽天で似たような値段の物がたくさん出品されています。ということは、値段的には妥当なのかなと思いました。オーナーになると、自分の株の発育状況が一月ごとにMailでお知らせしてくださるようです。他は、特に何もありません。ただ、このすいか、何と皮まで食べられるそうです。ぬか漬けにする話しは聞いたことがありますが、チャンプルーで使うと美味しいとか!!素晴らしい。それと、写真を見ていたら、おそらくすいかそのもののジュースも載っていました。ちょと試したくなりました。


スポンサーリンク

回のこのクラウドファンディングの特徴は、生産者側からすれば、植え付けの段階でもう収入が手元に入るということではないでしょうか? これ、心強いですよね。ただ、万が収穫出来なかった時のことの記述がないので、ちょっと分もあるのですが、通常だと出資額を戻さなければならないので、農家さんにリスクがあるのは同じだとも言えます。

う方にしてみれば、収穫までの様子が分かるので、大げさに言えば家庭菜園で収穫したかのような満足感が得られるかも知れません。しかも、プロの手により育てられるので、甘くて美味しい物が保証されているとも言えます。集荷されて、手元に届くのが楽しみなクラウドファンディングですね。


スポンサーリンク

は、おっさんは出資するのか? ちょっと考えてしまったのですが、やはりここまで高級なすいかは今のところいらないかなという結論です。さすがに、すいかにこの値段は出せないでしょう。逆に言うと、価値を知っている人限定になるかも知れませんが、おもてなしの品としては最高ではないでしょうか? おっさん、家に大事な人を呼ぶなら、このすいか使います、間違いなく。



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA