NASのハードディスク壊れた

BUFFALOのNASが原因かと思った

年の8月頃のHDD壊れまくりに引き続いて、その時は大丈夫だった(と思う)BUFFALOのNASの動作が1W位前からおかしい。時々、あの毒々しく邪悪な赤のエラーランプがつくようになった。あーあ、何かが壊れた。それは一発で解った。このNASはバックアップ専用なので、直ぐにどうこうは無かったのだが、経験上復旧をサボっていると取り返しのつかない事態になることを多々経験しているので、早速手を打った。


スポンサーリンク

うしてか解らないけど、NASケースに問題があるように思えて、AmazonでI-O DATA NASキット(HDD無し) デュアルコアCPU/ミラーリング(RAID1) 3年保証 HDL2-AA0/Eを17800円で購入し、早速BUFFALOのケースの中にあったHDDと交換してみた。ところが、このHDL2-AA0/E設定が面倒で、一回I-O DATAのHPからファームウェアのダウンロードして、USBメモリーにデータを移してから、本体のUSBポートに差し込み、HDDにファームウェアをインストールしないと使えない物だった。今まで、HDD無しのNAS買ったことが無かったので知らなかったが、結構面倒。

かも、どういうわけか時間ばかりかかって、ファームウェアインストールされている様子が無い。5分以上かかる場合もあるらしかったので、席を外すと見事に禍々しい赤ランプがついている。取説によると、その場合エラーについて書かれたTXTが残されるとのことだったので、探すけど見当たらない。再度挑戦すると、同じように悪魔の赤ランプが点滅。しかし、今度はTXTにエラーの原因が書かれている。あちゃ、HDDが壊れているらしい。


スポンサーリンク



速、搭載されていた2台ののHDDをSATA→USB接続出来る物に繋いで、記憶領域にスキャン書けてみると、片方のHDDが明らかに変。どういうわけか、勝手にいくつかのパーティションが追加されている。気持ち悪いので、復旧処理はせず、新しHDDを購入することにする。

うせなら、今までの2T以上のHDDが良いなと思ってAmazonを覗くと、2Tと3Tの価格差は2000も無い。だったらと言うことで、【Amazon.co.jp限定】WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 3TB WD Blue WD30EZRZ/AFP SATA3.0 5400rpm 2年6ヶ月保証を1台8980円にて購入。再度、HDL2-AA0/Eに繋いでセットアップするとあっさり使える状態に。

つもの事ながら、忙しさや面倒くささにかまけないで、原因を追及していれば、NASケースを買わずに、1台分の2TのHTTの値段8000円以内で済んでいた事になる。でも、1台HDD壊れれば、もう一台も時間の問題という気がするし、NASのコントローラーも新しい物の方が良いと思うし、今回は容量を増やしたので、結果として良かったと考える。しかし、ウエスタンデジタル(WD)のHDDは良く壊れるね。今回も、値段に負けて買ってしまったけれど。


スポンサーリンク
Smart Drive Cars
人気ブログランキング
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラ還オヤジへ
にほんブログ村

かし、そろそろ定年だし、大量のデータの保存方法を考えたいといけない。大量過ぎて、精査することが出来ないし、かといって廃棄はまだ不安。けれども、今の3重バックアップしている限りは、常にハードの更新しなければならないし、外部サーバーに預けるにしても、データ量が多すぎて、現実的に許容できる使用量にて借りられるとも思えない。本当に、どうしよう。困った物だ。

HDDをSATA→USB接続










Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA