蒸れにくい防水機能性シューズCurious

突然の雨にも対応、水に濡れても安心!


スポンサーリンク

レまでに、防水靴下、靴の防水カバーと紹介して来ましたが、今回は、靴そのものです。まあ、ゴム長履いちゃえよって話しなんですが、今時、都会の電車にゴム長で乗る人もあまりいませんし、確かに随分とおしゃれで電車に乗るのも気にならないという製品もありますが、朝大雨でも帰りにピーカンとかだと困りますよね。ゴム長まで行かないまでも、いわゆるレインシューズというモノもありますが、やはりデザイン的には、難があるような気がしますし、デザインがよくても今度は防水性能がって事も多々あるように感じます。

れに、まさにゴム長が典型的ですが、防水機能のある製品というと、蒸れるといった印象がありますし、実際に蒸れます。レインシューズのほとんども蒸れるのではないでしょうか。ただでさえ湿気が多いこれからの季節、水ムシの方には『蒸れる』って事は、あってはならないことだと思います。


スポンサーリンク

ころが、今回ご紹介のCuriousシューズに使用されているCuriousメンブレムは防水機能のみならず透湿機能をも兼ね合わせているので、水は通さず湿気は通し、快適で蒸れにくいのが特徴です。また、蒸れにくいと言うことは、これからの季節に気になる靴の中のニオイも軽減されるということです。

Curiousシューズは、ニットタイプとレザータイプの2バージョンでカラーバリエーションも豊富。おしゃれな外観で普段使いが出来、なおかつ、突然の雨やお出かけの朝の雨にもに悩む必要はありません。ちょっと得した気持ちになりますね。


スポンサーリンク

うまでも無く、ちょっとした雨や踏み外しで水だまりを踏んでもシューズ内に水は入りずらく、汗まみれの夏には過剰な湿度(ムレ)を逃し、いつでもシューズ内の快適さを保つことができると言うことですが、さすがに水の中をジャブジャブと歩くことは出来ませんので過信はしないで下さい。って、見れば解りますね。

れと、驚きの機能が… このCuriousシューズ消臭(吸臭)抗菌機能により、玄関やクローゼット内は、小型空気清浄機を置いているのと同じく、足臭い匂いが消臭(吸臭)され、空気を自然洗浄するみたいなんです。シューズ本体も、菌も寄せ付けにくい仕様となっているとのことです。自社実験でも、何と2ヶ月履いても、驚くほど匂いを抑えていたとのことです。

だ、=使用上のご注意=というのがありました。『素材に透湿効果があるため、履いている時にシューズ内の熱気で湿気を外部へ発散できますが、履いていない時はシューズ内部の温度が低くなるため、外部に溜まる湿気が内部へが逃げることになり、後ほど、内部が濡れることがあります。雨の日とか水が長くかかる場合などの時、シューズ履かないときは必ず表面を拭いてから保管をお願いします。』とのことです。優れた透湿性能を持つ代わりの副作用みたいなモノですね。

て、おっさんは買うのか? 残念な事に、クラウドファンディング終了していました。カジュアルな編み上げタイプのこの手の靴は、あまり観たことが無いので触手が動いたのに残念です。ただ、定価の税込み10800円で買うかと言われると微妙です。


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA