梱包・収納・保温ができる魔法のタオル「STIKY」

うん? どういう事? 普通出来るよね梱包・収納・保温

魔法のタオル「STIKY」公式HP


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

かがタオルです。されどタオルです。STIKY(スティッキー)は、粘着性・吸水性・保温性などの独自の特徴を持つ特許素材で作られた新しいタオルです。でも、高い。バスタオルの大きさのLサイズだと15000円程。

は、その性能はというと、革新的な繊維で創られたSTIKY(スティッキー)は、3つのサイズでタオルとしてだけでなく「梱包」「整理」「保温」の機能も付いているのだそうだ。
荷物をまとめる風呂敷代わりに… 
防寒用として… 
汚れた靴を分けるために… 
運動中の汗を拭く為に… 
濡れた髪を乾かすために… 

の特別な吸水性によりすぐに水分を排水し、片面はいつでも乾燥し快適であると同時にマイクロファイバー(超微細繊維)を使用しているので、保温性能も抜群です。厚さは薄いですが、快適な温度を保つ事の出来る高性能素材を採用しているのだそうだ。


スポンサーリンク

筆すべきは、結ばなくてもマジックテープ式に重ねるとくっつくこと。コレは、便利だと思う。ビーチでの着替えやちょっと羽織って防寒するとき、長い髪の毛を乾かす時など、抜群の威力を発揮するだろう。MaKuaKeさんでは、必要な資金額に達しているようだけど、何故高いのかよく分からないので、おっさんは買えない。

かに、今治の国産タオルが高いのは知っていたが、Amazonで検索するとそれでも上限は5400円程。やはり、この「STIKY」は怪物級の価格。使って見れば、きっとその価値が解るのだろうけど、Sサイズでも5000円程とちょっとお試しが出来る価格ではない。だって。タオルですよ。

万円の食事と一千円のと何が違うのか? お腹がいっぱいになるとかカロリーと摂取できる栄養素が同じだとしたら、その差は何なのか? 丁寧な手仕事とか高級な素材であるとか要素は多々あるだろうが、実際に10倍の価値の違いを見いだすには至らないのではないかと思う。その差を感じ取ってお金が使えるのが、お金持ちという事だろう。昔、宮ノ下のフジやホテルで、1万円の伊勢エビカレーを食べたことがあるけど、伊勢エビが高いと言うだけで、1万円をかけたところでカレーそのものはフジやホテルのいつもの3000円のカレーと区別はつかなかった。まあ、そういうモノなのだろうと思う。


スポンサーリンク

回ご紹介の「STIKY」は使えば、その良さが実感できるのかも知れない。どなたか使った方がいらっしゃったら、是非ご感想をお聞かせくださいませ。



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA