手遊びガジェットKACHA

Ctrl+Alt+Delでどこでも気分をリブート!

手遊びガジェットKACHA公式HP

っきり言って、明確に何かの役に立つと言うことはありません。ただ、PCの再起動ボタンを押すことによって、気分も一新しようという魂胆です。なんだかなぁ~。本当に気分一新となればいいのですが。ただ、何かの決まった行動をすることによって、今までの気持ちを切り替えると言うことは有効かも知れません。例えば、ネクタイを締めると仕事モードになるとかありますよね。


スポンサーリンク

までも、緩衝材のプチッと潰せる空気セルを模したガシェットがありましたし、気持ちが悪いのでご紹介はしませんが、最近見たモノの中にはニキビの角栓を押して除去するガシェットまであります。確かに、取れた後は清々しい感じもしますけれど。


スポンサーリンク

回ご紹介のこのガシェットは、約3000円とお高いのですが、こだわりが凄いです。まず、キートップは本物を使っていますし、キーメカニカルもIBMPCに通じる爽快感のあるメカニカルキースイッチ”Cherry MX 青軸”を使っています。おっさんはこだわりで、メカニカルキーボードを使っていて、まさに青軸を使っていたこともあります。なんて、こだわってるんだ!!!!!!

の方は、キーストロークが少なくカチャカチャ音がしないキーボードを好むと思われますし、そもそもlaptopに実装するのは無理だし、仮に職場の全員がメカニカルキーボード使ったら五月蠅くて仕方ありませんよね。でも、おっさんはカチャカチャ音がすると仕事をしている気分になるのです。他人迷惑な、自己中なおっさんです。

ょっと、横道にそれました。こだわりは、キートップとキーメカニカルだけでなく、外箱にもありました。何と昔のIBM/PCの箱とかロゴとかをパクっている(オマージュしている)ので、一瞬アレって二度見してしまうレベル。おっさん、こう言うガシェットとか大好物です。きっと、コレを買ったところで日常的に使うこともないでしょう。何回か使って厭きてしまうと思います。でも、無駄な本気のこだわりが好きなのです。


スポンサーリンク

つても紹介したかも知れませんが、トグルスイッチで電源を入れると、アームが伸びてきてそのトグルスイッチをオフにしてしまう機械の動画を見たときには、本当に感動しました。何の意味も無いお遊びのために時間・お金・労力を費やす。コレこそ人間の人間たる由来かと思います。何たって、Homo ludens(ホモ・ルーデンス)遊ぶ人なのですから。


も人生リセットできたら、Ctrl+Alt+Delするかな? ウーン、考えてしまう。また一から人生をやり直すのは、最初の人生を生きすぎた気がする。素直に、草葉の陰に行きたいかな。皆さんは、どうですか?


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

外壁の緑化