雑誌:2018年版/日帰り温泉・スーパー銭湯

結構、行ったところがあるなぁ~


スポンサーリンク

 

抵のことはネットで済ましているおっさん、それでもこういう雑誌があるとつい買ってしまう。電子書籍も試したけど、本の類いはやっぱり紙の方が読みやすい。かといって、ネットのニュースとか見ないかというとそうでは無くて、news/Smart News/グノシー/NewsJetを毎日チェックして読んでいる。しかし、古いタイプの人間なので、紙媒体の昔ながらの朝日新聞・日本経済新聞も契約しており、職場に着いたらこの二誌を読むことから一日が始まる。

ころで、日帰り温泉ていつから一般化したんだろう? おっさんの記憶だと、25年ほど前に東京日野市の今は無きホンダの遊園地多摩テックの敷地の頂上付に出来た天然温泉クア・ガーデンが最初の出会いだった気がする。この施設は、今の日帰り温泉の機能全て持っていた気がする。理美容室あり、マッサージあり、食事処あり、温水プールあり、トレーニングジムあり等々。


スポンサーリンク



の当時は、ここしか無かったから、いつでも結構混んでいました。良く家族4人で行った。と、それから10年もすると、多摩センターに極楽湯が出来てここも結構通った。家から歩いて5分程のところに、竹取の湯というスーパー銭湯があるのだが、ここはあまり使っていない。岩盤浴の料金がセットで割高感が強い。なので、何年前からあるのかも判然としない。

つの間にか昔話になってしまいましたが、ここ20年くらいで急速に増えたような気がする。ネットで当たりを付けて行って確かめるのが一番なのだが、以外と定休日とか食事処の情報が無かったりしてガッカリすることも多い。それと、写真がくせ者でこの景色みたいと思って行っても無理なことも多い。


スポンサーリンク
Smart Drive Cars
人気ブログランキング
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラ還オヤジへ
にほんブログ村

うしたとき、雑誌になっていると嬉しいです。情報の確かさは解りません。写真もHPと同じで真偽の程は解りません。でも、一覧的に探せるのはとっても効率的で良いと思います。それに料金とかアクセスとかいちいち別ページで探さなくていいのもメリットです。何と言っても。最大50%オフのクーポン券もありますし、2カ所も巡れば雑誌の代金はチャラになってしまうという計算です。


コミの評価の方が当てになるという方もいらっしゃると思います。おっさんも、口コミ評価が☆3.5個以上ないとなかなか行く気になりません。ただ、当たり前ですがコレばっかりは訪れた方の主観-感性ですから、必ずしも自分と言うこともありません。

いうわけで、この雑誌を参考に、新たな温泉にチャレンジします。それと、こういう雑誌の載らないけれど良い場所もあるので、そちらの出会いも大切にしたいな。










Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA