AIボイスアシスタント「Senstone」

完全なハンズフリー及びスタンドアロンデバイス

AIボイスアシスタント「Senstone」公式HP


スポンサーリンク

の文章を、おっさんは昔ながらのメカニカルキーボードで、カチャカチャという音と共に書いていますがが、本当は音声入力の方が早いのかも知れません。ただ、同音異義語の確定とかが面倒なのでは無いかと考えてしまい使っていません。

も、スマホなら、ググるのに使うのは音声であり、よほど特殊なことで無い限り、手打ちすることはありません。もっとも、電車の中のLineのやり取りは等は、さすがに音声では無くフリック入力を使っていますが。でも、それくらい、音声入力による文書作成はミス無く出来るようになってきたのは確かわけです。ググるときに使う短いの日本語なら、まず思った通りの入力が完了してしまいます。

こで、今回ご紹介するものは、その音声認識入力を使い倒そうというものです。何かをメモするとき、いちいちアプリ立ち上げてマイクボタンを押して、話しをするの面倒くさいですよね。

かし、「Senstone」なら、完全にスタンドアロンなデバイスなので、パソコンやスマートフォンとつながっていなくても、さらにはオフライン環境でも、会議の要約を記録したりリストを作ったりすることができます。しかも、最大3時間分の録音ができ、スマートフォンとBluetoothで接続できる範囲にいるときに、自動的にクラウドに同期し、整理してくれます。


スポンサーリンク

うゎ、メッチャ便利! 確かに、今までもボイスメモを多用している人はいたかも知れません。これを、わざわざテキストに起こすのもソフトで出来ますが、いちいちやるのは面倒です。「Senstone」なら、瞬時にテキスト化して、他のアプリとシームレスの連携できます。結構、運転している時とか急に何かを思い出すって事が無いですか? あるいは、寝ているときに良いアイデアを思い出すとか。そんな時に、最強のアイテムだと思います。


スポンサーリンク

だ、値段がいかんせん高いです。せめて5000円くらいだったら買いたいと思うのですが….. それにしても、次々と新しいアイテムが出てきますね。しかも、単独で使っていたものが、スマホのアプリになってしまったりして、とにかくめまぐるしく変化していきます。それぞれ便利そうで欲しいと思うものも多々あるのですが、お金は有限、とほほです。

た明日には、思いかけないアイテムが実現している事でしょう。そんな時代に生きていることを嬉しく思います。


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA