METEO -進化する輝き-

LEDの各種ランプの会社です。

METEO公式HP

念なお知らせを先に書きますが、同社の製品が適応しているのは、ほぼほぼ国産車です。おっさんの所有車は残念ながら適法しません。ですが、何故、この会社を見つけたかというと、何かで『ドアワーニングフラッシュ』という商品をで目にして、興味を持ったからです。


スポンサーリンク

の、『ドアワーニングフラッシュ』という製品は、ドアを開けると、後続車に「ドアが開いているので注意してねという」LEDダンプが光るという例のモノです。おっさん、これ、ドアのスイッチから信号取って、配線してって感じで、取り付けが面倒なんだろうなと思ったら、何と、バッテリー駆動で配線の必要なし。電源のオンオフはマグネットスイッチで行うという優れもの。しかも、専用設計で、ドアにあるサービスホールにはめ込むだけというお手軽さ。素晴らしいではないですか!! 発想が素敵です!! なお、サービスホールが無くても、磁石でくっつけるタイプもあるようです。


スポンサーリンク

えてみれば、LEDが登場してから、その小ささや消費電力の少なさから、自動車用の様々な製品が作られるようになりました。極端にお金がかかるわけでも無いのに、注目度抜群のドレスアップが出来る優れものですよね。実際に行ったことは無いのですが、大黒ふ頭PAに集まってくる車に、綺麗なLEDがついているのを、何回もメディアを通して見たことがあります。特に、多分、ランボルギーニが多いのだと思いますが、LEDの光を車全体に纏っているような動画羨ましくもあります。残念ながら、おっさんは、LEDテープのデイライトを付けるのが関の山ですが…

HP見させて頂いていたら、取り付けは簡単ではにでしょうが、リフレクターをLED化するの流行っているようですね。格好いいと思います。ただ、反射板としての機能が無いと車検が通らないようですが、こちらの製品はその辺考慮されているようです。


スポンサーリンク

れと、こちらの会社がリリースされている車種別専用のLEDライトとか、メッチャ格好いいですね。やり過ぎ感もそんなに無く、純正のオプション品みたいです。本当に、羨ましいです。

っさん、C-ClassのテールランプヲをLED化しようとして、セカイモンで米国から取り寄せましたが、使い物にならずガッカリしました。かつて、BMWに乗っていたときは、台湾製のLEDTAIL LAMPといかリング付HIDに換装したのですが、半年もたたないうちに、ヘッドランプの反射板に水が入ってく曇るようになってしまいました。そんな事から、やっぱり国産メーカーが良いなって心底思ってますが、いかんせん外車のマイナー車種用は作ってくれっていう方が無理ですよね….

METEO製品は、こちらから!

おっさんズ チョイス



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA