スマートメジャー|Arrim ONE

ARを利用して計測する多機能メジャー


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

Arrim ONE関連HP こちらに詳しい情報があります

う、おっさん訳が分かりません。ARを利用して計測するってどういう事? 基準になる長さってどうなってるんだろう?? 不思議の固まり。 しかも、20メートルの範囲内での測定であれば誤差が1.5㎜以下の精度って何事!!

しかに、部屋の模様替えの際プラン通り収まるか確かめるとか、ちょっとした空きスペースに棚を作りたいとか、家の中で長さを測る機会って意外とあります。しかも、ちゃんと測らないと、まさか部屋や家具を切ったりはったりは出来ないので、大惨事になります。

こで、例えば天井から吊り棚を作るとしたら、正確な長さを測るために脚立を持ってきて、フウフウ言いながら金属製のメジャーで計測することになります。でも、Arrim ONEなら写真撮るように対象物にセンサーを向けて、測りたい箇所の始点と終点をタッチすれば計測できるらしい。なんて便利なんだ!!


スポンサーリンク

かもしかも、長さだけで無く、角度、直径、円周、曲線など複雑な測定まで出来てしまうらしい。さすがに、日曜大工レベルのおっさんはで、長さ以外の項目を計測するのは難しいので、アバウトにして作業していました。最終的には、無理なはずの切った貼ったをして、見栄えが悪くなることしばしば。それが、これがあれば瞬時に出来る。嘘みたいです。そういえば、余談ですが、身長計は無くてもこのArrim ONEをかざせば測れてしまいます。ちょっと、面白いですね。

れから、いまいち使い勝手が分からないのですが、壁を均等に分割計測することも可能なので、額とかを飾るときに便利らしいです。


スポンサーリンク

バイス自体は、1回の充電で1000回分の測定ができ、また、今後のアップデートで新しい機能も追加される予定だそうです。

てさて、おっさんは購入するのか? 頻繁にDIYをしているのであれば、迷わず買いますが、12800円はチト出せる金額ではありません。それに、画面上で、本当に計測したい場所を指定して測ることが出来るのかという疑問が残ってしまいます。液晶のセンサーって、ピンポイントでは認識していないような気がするので、いくら本体側で正確な測定が出来ようとも、使う側のアバウトさを無くすことは出来ので、本当にギリで納めなくてはならない場合など、実測値の方が良い気がします。

うはいうものの、大体どれくらいの板を何枚用意しなければならないとか、ぱぱっと計算しなくてはおけないときには必須のガシェットだと思います。まあ、リフォームの時の大工さんが使っていたレーザー式の水準器にも度肝を抜かれましたが、これから益々、こんな風になっていくのでしょうね。何とかついて行きたいけど、どうなんでしょうか?



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA