GOSHOモバイルHDプロジェクター

小型だけど200インチまで投影可能!


スポンサーリンク

GOSHOモバイルHDプロジェクター公式HP

れまでも超小型のプロジェクターはありましたし、大きさで言えば今回ご紹介のものより、ずっとCompactなものもありました。基本、Wi-FiとHDMIが繋がれば使えると思うので、電源さえあれば、こういうものでも良かったのかも知れません。

かしながら、GOSHOバッテリー駆動が可能です。容量も、充分。ただし、そのせいで、筐体がでかくなっているような気がします。

も、外出先、場合によってはキャンプの時などの野外でも、電源を気にせず大画面で楽しめる小型プロジェクターですので、楽しみが、広がります。もっとも、野外ではスクリーンがネックとなりますが…

GoShoは、内蔵のWIFIモジュールにより、スマートフォン、タブレットのみならずデスクトップパソコン、ゲーム機から直接コンテンツをストリーミングできます。AirPlayやHDMIケーブルで手元の画面をそのまま映せます。


スポンサーリンク



た、GoShoはTVボックスや様々なストリーミングスティックで動作できるので、お気に入りのコンテンツはすべて手元で操作できます。

論、Amazon Fire TV stickやGoogle Chromecatと連携可能で、豊富な映画やビデオを大画面で楽しめます。欲しくなってきた!


スポンサーリンク
Smart Drive Cars
人気ブログランキング
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラ還オヤジへ
にほんブログ村

らにGoShoは、180 ANSIルーメンの輝度で、普通のミニプロジェクターより、圧倒的に優れた画像輝度と無敵な明瞭度のコントラストを実現しました。明るい部屋でもHDの画面を楽しむことができるとのことですが、これは実際に見てみないとなんとも言えませんね。だとしても、家の中で見る分には、特に問題無いかも知れません。そうなると、『まさに家中が全部最高な特等席です。』というと、音響面のこともありますから大げさかも知れませんが。

お、GoSho内蔵式15度キックスタンドを搭載し、15度まで調整ができ、自動台形補正機能と合わせ、画像がゆがまないように一番良い鑑賞体験を実現します。これは、便利。天井に固定設置でもない限り、絶対に台形歪みが出るので、その調整って面倒ですが、自動補正とは有り難いです。

っさん、ベッドのroomの天井に映像を写し、寝ながら楽しみたいってずっと思っています。そのための有力ガシェットになりそうです。










Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA