パリの夜景を削って光を灯す!ストレス解消・癒しの『スクラッチライト』

ガリガリ削ってストレス解消!ライトをつけて癒しの空間を演出!


スポンサーリンク

『スクラッチライト』公式HP

ードランプ?っていうんですかね、色々なモノがありますが、基本としてリラックスした空間を演出するものでしょう。特別なものを使わなくても、今の照明器具は、オレンジス色の淡い光に調光可能だったりして、充分ムーディーになりますよね。

っ、ホテルの間接照明もその手のものですよね。おっさん、ホテルの空間大好きです。ただ、間接照明だらけで、パッとスッキリ明るい照明がないので、老眼のおっさんには辛いものがあるのも事実です。笑えない現実ですけど。

て、今回ご紹介する照明ですが、シートを削り、パリが舞台になったエッフェル塔の素敵な夜景デザインを自分の手で描き、付属の電気スタンドに設置するだけで、おしゃれなムードランプが完成するというものです。

っさん、なんというものだか分からないのですが、少々のみぎりのお絵かき教室で、画用紙に滅茶苦茶にクレヨンで色を塗って、(ただしカラフルでないと後でつまらないのですが)コレを今度は黒いクレヨンで塗りつぶしてしまって、この黒いクレヨンを楊枝みたいなもので削ると、カラフルな線が出て来て、例えば、花火とかを書くと綺麗だったという記憶があるのですが、まさにそれの要領です。


スポンサーリンク



っとも、今は普通に百均とかに、すでにカラフルな色を塗った後に黒く塗り潰してあるボードを売っていてビックリしたことがあります。

すから、そんなに新し味があるわけではないのですが、元々は光を通すシートで作ってあり、逆に黒く塗ってあるところは光を通さないので、削った部分からはカラフルな光が色鮮やかに出てきます。削る楽しさ、何色が出てくるか分からない楽しみ、そして癒やしの光といいとこ取りの商品ですね。


スポンサーリンク
Smart Drive Cars
人気ブログランキング
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラ還オヤジへ
にほんブログ村

業の仕方は、スクラッチ専用ペンで、スクラッチフィルムにデザインされているグレーの下絵(パリの夜景)に沿って下絵を削って、”スクラッチフィルム”を丸め付属の電気スタンドにセットすれば出来上がりです。

は、パリの夜景だけでなく「無地スクラッチフィルム」含む特別セットを販売しています。当たり前ですが、”無地スクラッチフィルム”には、自分の好きな絵を描くことができ削るとレインボー色が出てきます。絵心があると、楽しいランプを作れそうですね!!










Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA