インフルエンザ対策してますか? 第一弾 加湿器

今年も、インフルエンザの流行の季節がやってきました!


スポンサーリンク

ンフルエンザの有効な対策って無いのでしょうか? 一番は、人混みに出かけないことっていうか、たとえ家族であっても、人と接触しないこと。だってウイルス持っていて感染能力がある人に接することがなければ、感染しませんから。

存じだとは思いますが、インフルエンザは空気感染ではなく、飛沫感染です。咳やくしゃみと共に排泄されるインフルエンザウイルスを持った飛翔物を直接吸うとか触るとか、あるいはキャリアの方がウイルスが付いた手でドアノブやつり革を触られていて、それを触ってしまい、自分の鼻や口の周りを触ることによって、自分自身の粘膜に付着されることによって発症します。

も、インフルエンザウイルスのキャリアの方がいると思われる人混み等に全く出ないというわけにもいきません。

番有効で手軽なのは、手洗いです。流水での手洗いを頻回にするのが有効です。

スクっていう方もいるでしょうが、感染予防には無意味です。結局、ウイルスが付いたマスクを触って、それで鼻の周りとか口の周りを触ってしまって感染してしまいます。しかも、ピタッと付けなければ、そもそも無意味ですし… まあ、喉の粘膜の潤いを保つという点では、予防効果があるようです。しなくても大丈夫だけど、したからかかることもないってとこでしょうか?

がい、全く意味がありません。インフルエンザウイルスは粘膜に付いてから、20分程で細胞内に侵入を完了するみたいで、洗い流すには、20分以内にうがいをし続けなければなりません。これって無理ですよね。それだったら、緑茶です。

料メーカーの伊藤園が、静岡県立大学薬学部との共同研究で、緑茶に多く含まれるポリフェノール成分の一種「カテキン」に抗ウイルス作用があり、緑茶を飲むことでインフルエンザの予防が期待できると発表した。そして、毎年流行する季節性のインフルエンザに加え、新型インフルエンザの感染も抑制できると発表したそうです。出典FNN PRIME https://www.fnn.jp/posts/00398722HDK


スポンサーリンク

っていた知識ですが、正式に効果ありとされたので、ご紹介しました。理論上は、15分に一回くらい緑茶をゴクッとすれば効果があることになります。なんか、普通にペットボトル一本分の摂取でも大丈夫っていう事も書いてありましたけど。

ずれにせよ、身近な飲み物で予防できるなら嬉しいですよね。

も、寝ている間は、水分補給も出来ません、インフルエンザウイルスは、湿度が高いと感染しづらいと言われており、室温20℃以上湿度50~60%が理想のようです。

だ、最新の研究では、くしゃみや咳で出てきたインフルエンザウイルスを含む飛沫は、湿度が高くても感染力を失わないという研究結果もありますが、喉を湿潤にしておいた方が良いのは間違いなさそうです。


スポンサーリンク
Smart Drive Cars

こで活躍するのが、加湿器です。でも、色々な種類があって困りますよね。
そこで、簡単な解説です。詳しく見たい方は、こちらが良いです-https://kakakumag.com/seikatsu-kaden/?id=11485

・スチーム式ー水を沸騰させ、蒸気で加湿します。煮沸消毒されるので衛生的ですが、電気代が比較的高めです。
・気化式ですー水を含ませたフィルターに風を当てて加湿するか、タオルを干して加湿する要領で、風を当てない式もあります。ただ、加湿スピードが遅いです。
超音波式ー超音波で水を振動させ、細かいミストにして加湿します。消費電力は小さいのですが、菌の繁殖とミネラルの白い粉状の汚れを発生させます。
・ハイブリッド式(温風気化式)ー気化式にヒーターを組み合わせたもの両者の良いところを合わせたモノですが、結局ヒーターを使うので電気代はかかるようになります。

・ハイブリッド式(加熱超音波式)ーこれまた、超音波式にヒーターを組み合わせたもので、加熱したものを超音波で気化させるので、菌の繁殖は抑えられますが、白い汚れの問題は残ります。

局、加湿方式によって消費電力は大きく変わりますし、手入れのポイントも変わってきます。

加湿器を一挙特集、下記のリンクにて比較して購入出来ます。

おっさんズ チョイス



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA