今更ながら、煽り運転について考える。

しない、されないためには…


スポンサーリンク

日、あおり運転で、高速道路の路上で停車させ、そこにトラックが突っ込んで、ご夫婦が亡くなるという凄惨な事件の地裁判決が出ましたが、控訴になるようですよね。他にも、大学生が運転するバイクを追い回し、追突して死亡させた事件も報じられました。

こでなんですが、何故、煽り運転って発生するのでしょうか? そこで、おっさん自分のことを考えてみるに、煽られたとはっきりと認識できる機会は、年に何度もありません。

かに、前が混んでいる片側一車線の道路とか、高速道路でも法定速度を上回って走っているおっさんの車に対して、車間を詰めてくる車はいます。まあ、煽っている になるんでしょうが、この人達は正直、ちょっとおかしい方々かなと思っています。

ょっとしたら、反社会的人格障害ではあるまいかって感じです。この方々に対しては、かかわらない以外対処方法はありません。だって、言葉が通じる方々ではないですから。しかも、誰が前を走っていようが同じ事をするので、対策もクソもないのです。


スポンサーリンク

バくなったら、安全な場所に車を寄せ、あるいは車線を開け、行ってくれればラッキーです。おっさんの経験上は、素早く譲ればトラブルになりません。

し相手が、降りてきてしまったら、ドアをロックして、ボディーやガラスに何をされても絶対にドアを開けずに、110番通報して下さい。もし余裕があれば、スマホに動画や画像を残すと後々証拠になります。ただ、もっと激高する可能性もありますのでお気を付け下さい。

まで書いてきたような輩に対する、事前予防の方法はないですが、ごく一般の人が、煽りスイッチが入ってしまう場合はどんなときでしょうか?

・とにかく流れに乗らす速度が遅い。
・理由が分からないブレーキを何回も踏む。
・道を探しているのか、交差点や道の途中で急に減速する。
・高速道路だと、走行車線が開いているのに、追い越し車線を延々と走って走行車線に戻らない。ちなみに、これは道交法違反です。
・速度リミッターが付いている大型トラックが、大型トラックの追い越しのために追い越し車線出でてくる。トラック同志、リミッターが付いていますから、ほんの少しの速度差で追い越すので、イライラします。ただ、大抵はさすがプロドライバー、追い越しが終わると、さっさと走行車線に戻ってくれます。
・同じく、大型トラックが急に追い越し車線出でてくる。これは、一旦速度を落とすと、その速度の戻るために時間がかかるためにやっているみたいです。まあ、追い越し後。走行車線に戻ってくれますが、一瞬、ブチッとスイッチが入りかけます。
・登坂車線区間の追い越し車線を、低下した速度のまま走り続ける。はっきり言ってパワーが無い車は、登坂車線区間になったらさっさと走行車線か登坂車線に移って下さい。プロのトラックドライバーは、やってますよね。

って感じでしょうか。

局、自分の走行ペースを著しく乱されるとスイッチが入るって事なんだと思います。このペースを乱す人は、きっと安全運転していると思っているのかも知れませんが、逆にイライラの連鎖を呼び事故を誘引しているとおっさんは思います。運転経験の浅い方や自分も含めて中高年のドライバーに多いような気がします。


スポンサーリンク

分がそうならないようにするためには、とにかく周囲に気を配ることです。赤信号で信号の先頭に止まることがあるかと思いますが、法定速度までは、しっかり加速して下さい。燃料消費率がって言うんだったら、そもそも乗らなきゃ良いんです。もたもた加速すると、交差点を通過する車の台数も減りますし、社会全体としては省エネになりませんよ。

速道路では、後ろから迫ってくる車は、特に注意して下さい。急に近づいてくる車には、何としても道を譲る-これ大事ですよ! 先に行かせば、当然ですが煽りも絡まれることもないですから。そもそも、覆面パトカーの可能性もありますから。覆面パトカーって、煽り気味の運転して速度超過させて、切符切るって事しますので用心に越したことないです。くわばらくわばら。

じめでも煽りでも、確かにやっている方が悪いわけで、仮にやられている方が原因を作っていたとしても、やって良いことにはなりません。それに、いじめや煽りを擁護するつもりも一切ありません。

っさん、小学校から中学校にかけていじめられっ子でした。今から思うと、いじめられる原因を自分から作っていたと思えます。だからといって、先ほど書いたように、いじめられて良いんだとは、当然思っていませんし、その当時は大変辛い思いをしました。

も、これまた当たり前ですが、いじめられ無ければそっちの方良いに決まっています。あるとき『攻撃誘発性』という言葉に出会いました。文科省は、いじめられた方の原因とか責任を問うてはならないとしていて、それはその通りです。

かし、いじめを誘引してしまう言動-『攻撃誘発性』を改善できれば、いじめられる可能性が減少するのもまた事実だと、おっさんは自分の体験から確信しています。今は、人を不快にさせることをしない、あるいは不快とするかも知れないがその結果は自分で受け止める と考えて生きていて、いじめられていると感じることは皆無です。無論、この人とはうまくやっていけないとかあたりが強いなと思うこともありますが、その方と同じステージに立たないようにしているので、問題が無いわけです。

ので、おっさんは日常生活では『攻撃誘発性』、道路では煽り運転のスイッチを入れる運転をしないので、あまり煽られないのかも知れませんと自分では思っています。

だ、もう一つ、嫌な現実があります。改造車、イカツイ車、スポーツカー、デカイ車、高級外車は、圧倒的に煽られることがなく、おっさんが煽られない原因はひょっとしてこっちかも知れません。(ーー;)

滞路の合流とかであまり難儀しませんし、追い越し車線を走っていると、大抵の車は避けてくれますし、あれっ、ひょっとしておっさんが煽っている側になっているのかも!! ってオチになってしまいました。

後ですが、ドライブレコーダーの類いは、トラブったときの証拠保全のためにやっぱり有効です。出来れば360°録画のもの、あるいはバックカメラがあるものが良いかと思います。以下、いくつかご紹介しますね。

サンコー スーパーミニ液晶付きドライブレコーダー DRVCARC4

サンコー ミラー型360度全方位ドライブレコーダー リアカメラ付き CDVR36RC

サンコー 高画質前後撮影GPSドライブレコーダーPremier DUALCAR4

サンコー 高画質&パーキングモード付ドライブレコーダー AKWDRCAR

サンコー 前後赤外線付きデュアルレンズドライブレコーダーGPS2 X9DVRDL

おっさんズ チョイス



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA