おっさんと寄付

へそ曲がりの寄付先


スポンサーリンク

は、東日本大震災の時にも、熊本地震の時にも、一切募金等していません。きっと非国民扱いされそうですよね。

った時はお互い様、良く分かっています。でも、したくないんです。なぜなら、税金を払っているのだから、予算を組み替えてでも、その中でやって欲しいなというのがあります。だって、落ちぶれてきたとはいえ、世界有数の経済大国でしょ。

れでも、行政ではいかんともしがたいこと(全てのことに対応した法律はあり得ないので)があり、その時には募金をはじめとする様々な善意が有効なのも分かっています。でも、例え日赤に募金したとしても、それがどう使われているのか良く分かりません。

っさんの見聞によると、必要なときに必要な物資が届いていなかったり、見舞金の配布額とかで揉めて、配布が遅れたりという事あるようで、せっかくなのに何だかなって思います。

し、使い道がはっきりしていて、それがある意味可視化されているのなら、募金をしても良いかなとは思いますが、現実にはそうなっているとは思えません。


スポンサーリンク

えば、自閉症スペクトラムの方々の居場所を確保するための募金とかです。実際には、あるのかも知れませんが、おっさんが鼻から国内の募金等する気が無いので、気づかないだけかも知れませんね。

ゃあ、おっさん、募金とか寄付をしないのか、そんな事はありません、国家レベルでは対処が難しい財政事情がある国や、そもそも政府が機能していないところで生活する人に対して寄付をしています。

ょっと前は、永らく内戦状態にあって、やっと解消したのに、その時の遺物である対人地雷の除去活動に寄付しました。対人地雷、卑劣ですよね。わざと炸薬量を調整して、大けがをさせるけど殺さないようになっています。その方の援助に時間や人的資源をかけさせ、結果として厭戦気分を煽って勝とうとするものです。しかも、子供用は、地表におもちゃがあるようになっていて、拾い上げるとドッカンです。やりきれない気持ちの中、些少ですが寄付を行いました。

は、国境なき医師団に寄付を行っています。あらゆる場所に出かけ、自らの命の危険を顧みず、敵味方に関係なく命を救う活動に、心底共鳴できたからです。

るいは、UNESCOへの募金とかもしました。やっぱりへそ曲がりで、非国民なんでしょうかね。

ういえば、つい先日『神様とおっさん』のところでも書きましたが、国内でも多くの方々の目が届いていない事には、ほんとうに少しですが寄付させていただいています。だって、小さな集落の氏神様の再興なんて、小さな集落なので各家庭の分担金が高すぎて出来ないし、政教分離の観点から、行政は動けない訳ですから。


スポンサーリンク

えてみると、菩提寺が3.11で屋根に被害を受けて、その復旧に浄財がが集められたときは、檀家なので強制されているわけでは無いけれど、半ば義務感で、10万円寄付したこともありました。無駄金だという意識はありませんが、正直、痛い額ではありました。

あ、某24時間テレビでは、募金された額より番組のコスト(例えば出演者のギャラとは)が高いなんていう事もあるわけで、やっぱり、釈然とはしませんね。それでも、啓発になる部分もあるのと、結果的には募金されたお金はしっかり正当に使われているようですから、文句はありません。番組が無ければ、そのお金は行き渡ることが無いのですから。

っと勝手なことを言っていると思われるかも知れませんが、おっさんはそんな奴です。で、きっと自分が被災したら、なんで寄付が集まらないんだ、なんで他の人は助けようとしないんだとかいいそうで、自分が自分で恐いです。

おっさんズ チョイス



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA