本日、還暦を迎えました。

長かったようでもあり、短かったようでもあり…..


スポンサーリンク

うとう60歳になりました。それに伴い、今月末で定年退職。35年間勤めました。何とか退職金は満額回答となる勤務年数でした。ラッキーでした。

60歳になった時、何を思うのかと思っていましたが、取り敢えず特に何かを感じるというような大きなことは何も無い。これが本音です。

だ、細かいことはさすがにあります。大抵、ネガティブなことばかりです。左の膝だけで無く右膝も痛くなってきた。しゃがんだり立ち上がったり、急勾配の階段の上り下りが大変だとかガタッと減る収入でやっていけるのだろうかとか…..

あ、何とかなるんでしょうね。分かってはいましたが、これからの人生はおまけみたいなモノ。扱われ方も、まさにおまけなんだと思います。

い先日、本務では無く勤めてさせて頂いた役職も下ろさせて頂き、ちょっと前に書いたように身分不相応な生活も改め、身辺の贅沢品の類いは全部処分する方向です。おまけみたいな人生に、役職も贅沢な品も不要ですから。


スポンサーリンク

だ、おっさんの最大の趣味で、かつ、金食い虫の元凶であるとある車は手放していませんが、出来ればGWまでには手放したいと考えています。それから、この車や他の車で築き上げてきた借金の山を、どうにか退職金で低く出来たらと思っています。

い、そうなんです。わずかばかりの退職金は、入ったと同時に山を崩すのに消えてしまうのです。それでも、上手くいけば、死んだときには不動産だけは残せるかも知れないというような感じです。

来るかどうかは自信が無いのですが、退職以前の役職、立場、贅沢みたいな、現職であったからこそのモノは、綺麗さっぱり忘れて、新しく生活したいなというのが、最大の望みかも知れません。

れらのモノに、しがみついているヒトが時々おられますが、はっきり言ってみっともないの一言だと思っておりますので。

の中で、慎ましやかに出来る何らかの趣味とか生きがいとかが新たに出来たら良いのですが、困ったことに、頭をよぎるのは、納車されらジムニーシエラをどうやって弄ろうかという事ばかりです

れって、車を趣味に持った時から、42年間何も変わっていない気持ちです。そういえば、考えている事というか思考の過程も、前にも書いたかも知れませんが、高校時代と殆ど変わっていないような…


スポンサーリンク
Smart Drive Cars

い時に思い描いていた定年後の人生と全く違いますが(そもそも定年後も働くなんて全く思っていなかった!!)、何とか折り合いを付けて残りを過ごしていきます。

だ、困っているのは、定年後も働かないと食えないのに、仕事に対するモチベーションがだだ下がりな事ですかね。

っ、もう一つ。性欲はあるのに肝心なモノが芳しくなくなってきたのも、悩みかも知れませんね。これ、歳を取ったことを実感させられ、結構気持ちに影響します。ウーン、あの無駄な元気さは何だったんだろうか?

んだかんだと、枯れてしまうまでは、煩悩がつきまとうんですねきっと。困ったもんだ。(^_^;)

た、何かの時に「老いていく事」については書きます!

おっさんズ チョイス



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA