未来チックなスピーカー?「Gravastar」

未来デザインのBluetoothスピーカー「Gravastar」


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

Gravastar公式HP

まずは、動画をどうぞ!!

ーん、格好いいですね。若い人より、もしかしたらおっさん世代に受けるのかも知れません。

い人、Star Trekも知らないでしょうし、Star Warsだって怪しいですよね。ましては、Terminatorは全く無理なのかな。

にかく、そこら辺の時代とかに見た未来のロボットとか何かのガシェットとか、敵のエイリアンの乗り物とか兵器とかそんな印象なんです。

い見た目に、鋭い爪、グリーンライト。まさに、SF映画キャラに出てきそうなBluetoothスピーカーですね。おっさん、この近未来的なフォルムは、大好きです。


スポンサーリンク

Gravastar」は実際に、SF映画にインスパイアされて、近未来的なデザインになったっんだそうです。うーん、お好きなんですね。SF映画。

っとも、これを実際におっさん世代が買って、リビングにでも置こうものなら、パートナーから総攻撃受けて、玉砕することは必須でしょう。と、考えると購入するのは、若い世代なんでしょうかね。

玉砕になりそうな向きには、先日ご紹介した/スピーカー機能付きサイドテーブル「Mellow」』/が、無難かつ最適だと思います。

ーん、でも、自分だけの書斎とかあるんだったら、置きたいいな~。きっと所さんの世田谷ベースみたいなところが有れば良いのですが、実際には無理か… 残念だ~!

ペックですが、Bluetooth接続の70mm/15Wフルレンジスピーカーを搭載しており、本体重量は1.6kgもあり、安定した中間音や高音を演出するだけでなく、しっかりとした重低音での再生も可能であるようです。

っさんの経験則からいって、見た目以上に重量があるスピーカーって、いい音で鳴ります。特に重低音は、重さが無いスピーカーだと絶望的だと思っています。その意味において、1.6kgは立派な重さかなって思いました。間違いなく、鳴るでしょう。


スポンサーリンク

電ケーブルはUSB Type-Cを採用しています。また、ボリュームコントロールは、上部にあるタッチ感応音量コントロールで可能で、感覚的に音の大きさを調整できます。

さく見えますが、見た目以上に大きいので、その点お気を付け下さいね。HPに女性が持っている写真があるので、それでサイズ感は分かるかと思います。

てさて、困りました。自分専用の居場所が無いので、やっぱりパスするしかありません。ガッカリ。

ういえば、結局、結婚して退職するまでというか、仕事が忙しかった時期に書斎も書斎コーナーも持てませんでした。まあこれからも、ダイニングテーブルで書き物等するのだと思います。悲しい現実。



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA