アメリカ生まれの着火BOX「Pull Start Fire」

ヒモを引っ張ってBBQスタート! 誰でも確実に火を起こせる着火BOX


スポンサーリンク

「Pull Start Fire」公式HP(英文)

例によって、まずは動画をどうぞ!

い!!の一言ですね。これ以上の簡単確実な着火剤を、おっさんは知りません。

応、おっさんの知識が古い可能性があるのでAmazonでBBQ 着火剤と検索をかけたところ、初見ぽいものには出会いませんでした。


スポンサーリンク

年のせっかくの10連休GWには間に合わないのが残念ですが、ジムニーシエラが納車されたら、キャンプも良いかななんて思っています。まあ、するとなったら道具を位置から買い直しになるので、難しいかも知れませんが。

も、BBQ位なら、手軽に出来ますよね。近所の状況等から、難しくなりつつあるのも事実ですが、今までおっさんは、バーナーで炭に着火していました。まあ、着火するには着火するのですが、バーナーの場合はバーナーの火があたったところの狭い範囲しか着火できませんので、炭全体に炎を廻らせるまでには時間がかかります。

ーナーでも薪の場合は、結構簡単なのですが、それでも、湿った薪やましては濡れた薪だと、やっぱり厄介です。

回ご紹介の「Pull Start Fire」は、その名の通り、紐を引っ張ると、約2分後には完全に強力な炎が発生し、あっという間に火床を作ってくれます。もう、魔法のようですね。
ヒモを引いてから30分間火が出続けるため、雨ざらしにしてしまった薪にも、問題なく火が起こります。

体自体も防水加工が施されており、濡れてしまっても、はたまた凍ってしまってもOK。時速300km以上のブロアーを当てても、火が消えることなく燃え続けることまで実証済み。


スポンサーリンク

個セットで、17.99ドル。(2019/04/08時点のレートで2000円強-送料税金別)うーん、これをどう考えるか難しいところです。

まの焚き火やBBQで確実・短時間に火をおこさなくてはならなとするならば、1000円でもお手軽さや確実性を考えると、おっさんは高いと思いません。

も、焚き火等の火をおこすのに慣れた方なら、やっぱり高いと思うんではないでしょうか。

れと、おっさん実は最大の恐怖があります。これ、放火に使われたら、完全にアウトですよね。その点では、ちょっと、恐い製品でもありますね。

おっさんズ チョイス



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA