輸入車ディーラーに関するひとり言

英国車との絶縁!?


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

に関する雑談です。興味の無い方や悪口にあたるかも知れない表現が苦手な方はご遠慮ください。

日のジムニーシエラの購入に訪れたスズキアリーナ店が、国産車のディーラーに車に買いに行った久々のディーラーで、考えてみればR32GTRを買って以来、自分では国産車を買っていないし、ディーラーも訪れていませんでした。

いうことで、ざっと30年以上国産車のディーラーとはやり取りが無いことになります。
で、スズキのディーラーでのやり取りには、特に困ったことはなかったのですが、先日中古のBenzを正規ディーラーで買って分かったことがあります。


スポンサーリンク

入のW205 C200を購入した経緯を書いたページでもご紹介致しましたが、Mercedesの正規ディーラーはとにかく至れり尽くせりのおもてなしで、とにかくビックリしたのですが、重量税等の障がい者減免措置の申請がマッハで、納車のあとの金融機関の営業日には、もう振り込まれていたことです。

回は、休みとの兼ね合いがあって、車庫証明も代行して取っていただいたのですが、駐車場の見取り図も起こしていただけました。

はこの件、十台以上車を買いましたが、記入不要だったのは、おっさんの人生においては、初めての出来事だったのでビックリしました。今まで、お金を取られてもこの部分は、自分で書いていた気がしますが、勘違いでしょうか?

論、さすがに印鑑証明は自分で取りに行きましたが、購入を申し込んで納車までは2週間で、まあ、この時間は特別早いわけではありませんが、その間に、有料ですがボディーコーティングもして貰っており大満足です。

、考えてみたら、最初に買った外車はディスカバリーⅠで、凄く気に入って乗っていましたし、その頃から英国の田舎の文化というか風景に憧れもあり、英国車が好きになりました。

の後、何代かランドローバーの車を乗り継ぎ、Classic Miniも手に入れたわけですが、正直満足していました。

行して、VWの車も3台乗り継ぎましたが、まあ、こちらもそこそこ満足していました。


スポンサーリンク

ころが、ディーラーとしては両方とも、メーカー直轄のディーラーではなく、最初のランドローバーのディーラーはマツダのディーラー併設でしたし、VWのディーラーは、母体がトヨタ西東京カローラでした。(なので、指定しないとトヨタのキャッスルオイルに交換されたりしてビックリしました)

回、Mercedesの正規ディーラーに行って強く感じたのは、今までの外車ディーラーは、その自動車メーカーの理念なりを具現化していなかったのでは無いかという事です。

後のLAND ROVER車を買ったディーラーは、去年LAND ROVER 70周年のイベントに関して、どうも無関心でした。セールスマンは悔しがっていましたけど。

いうわけで、おっさん、正直、外車のディーラーには恵まれていなかったようです。でも、比較対象がないので、それに気づかなかっただけのような気がしてきました。

までは、英国車、本当にスキでした。英国王室御用達という表現にも憧れましたし、内装も革の使い方等上品で素敵でした。

だ、それを扱っているディーラーが、それを充分い分かっていなかったのか、今となっては、いくら英国車が好きでも買うべきディーラーが無いって感じです。

ういえば、先に書いたマツダ系列のランドローバーディーラーと西東京カローラ系列のVWディーラーは無くなりました。メーカーの理念が理解されていないから? 分かりませんけどね。

いうわけで、すっかりドイツ車にというかMercedes-Benzに宗旨替えしてしまったおっさんです。

格とのバランス、安全装備等考えると、次があるならやっぱり20に発表となる新型Cクラス(206型?)が欲しくなるはずです。

だ、宝くじが当たりでもしない限り買うことは、叶いませんが… もっと早く、Mercedes-Benzに出会うべきだったって思います。

歩譲っても、歳を取ったらMercedes-Benzだと断言できます。キッパリ!(笑)



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA