なぜ、メルセデス・ベンツは選ばれるのか?を読んでみた。

失敗した。その他諸々の事。


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

売らずに、売る。新車販売台数最高記録を2年連続更新し、高級車国内販売ナンバーワンを成し遂げた歴代初の日本人社長が、強さの秘密を初公開!!』という中身から推察するべきでしたが、ビジネス書でした。

Mercedes-Benzを買い換えて、はしゃいだ感じでBenzの事が書いてあると勘違いして、購入してしまいました。

いてあることは、そうなんだろうなという事ばかりで、参考になることも多いのでしょうが、おっさんちょっと不満です。

たして、マーケティングや販売努力が優れたから、Benzが売れているのでしょうか? 最善か無かというストイックまでの理想を掲げて、車を作っている。そして、安全対策を、独り占めにしない。おっさんは、そんなところに魅力を感じています。


スポンサーリンク

れたセールスマンがいたから購入したわけではありません。まずは、Mercedes-Benzという車ありきなのです。そこがずれているような気がしました。

ょっと前に、Mercedes-Benzのおもてなしが凄い、理念を具現化していると持ち上げましたが、コレも幻想であったかも知れません。

を購入して2週間も経つと、席に通してくれる前に、担当セールスが来て書類を渡してさよならという具合にになりました。

ビとコマンドシステムのアップデートの話しを、担当セールスに聞こうとしても、滅茶苦茶やりたくないんだか、なんだか敷居が高い事をのたまう。


スポンサーリンク

Mercedesケアのプランに、無料バージョンアップの期間が明記してあるから言っているわけでは無く、有料でも構わないので、単純に、最新の物を欲しいだけなのに、凄く感じが悪い対応でした。

MercedesケアHPには、年次進行で2回アップデートがある旨があるのに、マイナーアップデートしかないので、私の車に関しては知らぬ存ぜずを決め込まれているように感じました。

んだか、とっても腹立たしくなりました。コレも、老害の大事にされていない感覚のなせる技なのかも知れませんが、どちらにせよ嫌になります。

、思い直して、当該HPのページのアドレスをコピーして担当セールスに送ったら、勘違いというか、おっさんの言っていることを取り違えたという事でした。

当にそうだったのかも知れませんが、手のひら返しにも思え、ちょっと腹立たしかったので、強く抗議しました。

あ、本当のことなら、あまり強く言うと、まさに老害のジジイになるので、そこそこで切り上げ、実際に作業をして貰う方向での打ち合わせをして終わりにしました。

連の流れ、あくまでもおっさんが感じた物ですが、まさかコレがMercedes流な分けがありませんよね。

場で、こんな事になってしまっても売れるんですよ。Benzって。特別だから。

かってますか、社長さん?

当に、ブランドを大事に、お客様を大事に、何よりも車を大事にしてたら起こりえない事だと思うのですけれど。

Mercedes-Benzも結局、売るに足りるスキルというか理念というか 持っている人っていないんでしょうかね。悲しくなります。

度、ディーラーにお伺いしたときにどんな対応かちょっと興味深い?です。

あ、ただの中古のC200買っただけだし、相手にされていないお客さんなのは確かなのかも知れません。

う、期待はしません。ただ、車としては本当に気に入っています。



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA