植物の感情がわかるプランター?「Lua」

スマートプランター「Lua」で、愛情を持って植物を育てよう!?


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

まずは、動画をどうぞ!

んだか、コレ、滅茶苦茶良いです。凄く楽しい気持ちになれます。

物の世界だと、バウリンガルとかいって、犬の気持ちを翻訳するガシェットとかもあるようですが、植物では初めてでは無いでしょうか?

だ、実際には土壌の水分や温度、明るさを図るセンサーを使って、あたかも、それを植物が欲しているかのように、ディスプレーに顔として表示するので、必ずしも植物の感情とは言えないでしょうが、植物を育てるときに、モチベーションには大きくかかわる事と思います。

まり知られていないのですが、植物も例えば、ハサミで切っちゃうぞというそぶりをすると、植物に繋いだ電極の信号が大きく変動するらしいですし、大地にしっかり根を張った木は、自分に害虫が付くと、それに応じた臭い成分を発し、周りの同じ木に、防御を固めるように伝えるらしいんです。


スポンサーリンク

すから本当は、植物も人に感情を伝えたいのかも知れませんね。まあ、おっさん、ちょっと忙しくて、水をあげなかったりして、植物をダメにしてしまうことが多々あるのですが、擬似的にしろ、こんなプランターがあったら、枯らさずに済みそうです。

といっても、無味乾燥なテキスト文とかビープ音でお知らせするのでは無く、顔というところが最大のポイントでしょう。

えば、舌を出して喉が乾いた表情を見せれば、水分不足なので水を与える必要があるというお知らせなんて、凄く分かりやすいでしょ。

うやら、ディスプレイには15種類の可愛い絵文字が表示され、色々な表情をみせてくれるんだとか。

在Indiegogoにてクラウドファンディング中で12000円位から入手可能何だそうです。ちょっと高いかな….

用面で嬉しいのは、植物の種類をセットする必要はありますが、水のあげすぎも注意してくれるところかな。意外とコレ、植物を枯らす原因となっちゃいますよね。


スポンサーリンク

書きましたが、使うに当たっては、設定が必要になりますが、とても簡単です。

1.まず専用アプリをダウンロードする。
2.アプリで植物のタイプやカテゴリーを選択する。
3.あとはスマホをかざしてQRコードを読み取るだけ。
これで完了。

は、植物の特徴を捉えた「Lua」が、それぞれの植物に合った色々な表情をみせてくれるはずです。

ーン、価格がネックだな~。



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA