ウェアラブルカメラ「ORDRO EP6」

1万円台で入手可能!4K超高画質!


スポンサーリンク

ウェアラブルカメラ「ORDRO EP6」紹介HP
動画で確認!

GoProとかと違って、眼鏡をかけるように感単に、自分視点で動画が取れるのが良いですね。

Life Logって言うんでしょうか? 自分が観た全てを記録しようとしたら、やっぱり目線視点のカメラが一番のような気がします。


スポンサーリンク

っとも、メモリーの容量は超えられないし、バッテリーも3時間しか持たないので、何もかも記録することが出来ないのはいうまでもありませんけど。

大の魅力は、バランスの良い価格と一部のヘッドフォンのような取り付け方法でしょう。

たような形にしろGoProのような形にしろ、3万円以上は必至の中、1万円台は嬉しいです。

のような、もっと簡略的な物もあり、これはこれでいいのでしょうが、ちょっと不安も残ります。多分、謎の中華製なので。

着して、とにかく電源を入れれば、110度広角球面ガラスレンズの目線視点で、動画を撮影されるわけですから、取り損ないも無いはずですし、後で編集をすれば、何かの手順を提示する場合などの動画撮影には、持って来いでしょう。


スポンサーリンク

ORDRO EP6」は、1080フルHDよりもさらに高画質な状態で撮影ができる4K/25fpsを搭載し、高画質技術を凝縮しており、3840×2160ピクセルの高精細な解像度で、かつてない緻密な高画質写真撮影やより鮮明で色鮮やかな動画撮影が可能だそうで、スペック通りでこの価格なら文句意は無いでしょう。

プションで便利な専用リモコンを使う事も出来ます。専用リモコンは本体の電源を入れるだけで自動で接続され、複雑な設定は必要ありません。

3メートルの操作距離を確保しており、シンプルに、写真撮影ボタンと動画撮影ボタンのみのデザインで簡単に使用できます。とありますが、この機能だけなら、正直活躍する場はあまりないでしょうから、リモコン無しで、OKな気がします。

にかく、小型軽量(本体50g、部品込み70g、最大長97mm)ですから、耳が痛くなるなんてことはありませんし、ですから超小型ボディは耳の横に付けても、そのまま手に持って撮影しても邪魔にならず持ち運びにも便利です。

れと、生活防水機能を搭載しており、アウトドアや海、釣りなどの水を使う場所、水際での撮影に使用可能で、ちょっとした不注意で水がかかってしまった! そんな場合でも安心です。

でに、下の多分旧型は、販売されているようです。

っさん、このかめら、凄く興味をそそられているのですが、年末の物入りのこの時期に、取り敢えず使用するシチュエーションが描けていないこちらの商品を購入する余裕がありません。残念です。

に言えば、今後使用の可能性が出てくれば、即買いします。

おっさんズ チョイス

【防犯用】【超小型カメラ】【小型ビデオカメラ】 スパイダーズX ハンガー型 1080P 暗視補正 64GB対応 スパイカメラ (H-888)

【防犯用】【超小型カメラ】【小型ビデオカメラ…

¥24,800(税込)

●約12時間の長時間稼働に大容量64GBメモリー対応の超スタミナモデル!●ハンガースタンドやフックに掛けるだけ…



空調リュック COOL PACK(クールパック) KRKS01

空調リュック COOL PACK(クールパッ…

¥7,992(税込)

お持ちのリュックに装着するだけで背中にたまった熱や湿気をファンにより排出し常に快適にリュックを背負うことができ…



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA