カーボン製名刺入れ

こだわりの詰まった【大人の逸品】


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

カーボン製名刺入れ紹介HP

う、このフォルム、メロメロです。おっさん、車が好きなので、とにかくカーボン柄好きです。

だと、なかなか本物のカーボン製のものは、高くて買えないので、『カービン柄』なのですが、この名刺入れなら、本物のカーボンで製品が手に入ります。

かも、これまた大好きな素材、チタンが使われている! チタン製の車用品も高くて、なかなか買えないのですが、かつて、スズキカプチーノに乗っているときに、それまでの社外のステンレスマフラーをチタン製マフラーに替えたところ、とにかくその軽さに驚愕しました。

足ですが、排気音は、ステンレスマフラーの方が良かったです。(^_^;)


スポンサーリンク

謳い文句は
【高強度・超軽量】カーボンとチタンを使い素材にこだわった名刺入れ
【こだわりのデザイン】ビジネスシーンで目を惹く人とは一味違った男心をくすぐる逸品
【男のロマン】シンプルでありながら好みに合わせて自分でカスタマイズできる

ーン、素敵な言葉がキラキラとという感じです。

うでもなく、カーボンは鉄の4分の1の重さで、強度は10倍ほどにもなり、金属に代わる素材として注目されており、車、航空・宇宙業界をはじめ、様々な分野で使用されている素材です。

た、チタン製ネジが使われているわけですが、チタンは「軽い・強い・錆びにくい」の3拍子が揃った最先端の実用金属で、チタンの比重は4.51で銅の約1/2、鉄の3/5、強度ではアルミニウムの約3倍、鉄の約2倍となっています。

の両方の素材で構成することにより、大切に長く使っていけます。


スポンサーリンク

お、名刺の収納枚数が変更できます。
スペーサーを交換することで、ケースの厚み(内寸)が8mmと11mmに変えられます
(8mm:名刺約35枚 / 11mm:名刺約50枚収納可)

いうわけで、凄く欲しいのですが、正規雇用でなくなった今、名刺を遣うことが無いんですよね…. 残念です。



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA