美味しいお肉を食べたい方必見。 9series

プロ仕様の鉄板で極旨料理を堪能。


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

9series紹介HP

かなかユニークな商品です。そして、はっきり言って値が張ります。

も、したの画像見たら、欲しくなっちゃいますよね。

っかく厚みのある牛肉を用意しても、家庭のフライパンでは、なかなかレアとかミディアムレアとかには焼けません。

面は、こんがりパリってしてて、中は火が完全には通っていない。美味しいですよね。

うやら、上手く焼けないのは、フライパンの厚みに原因がありそうです。

うなんです、厚みがないので、日が直接当たっているところだけ温度が高くなってしまって、キレイにむら無くカリッと焼けないんです。


スポンサーリンク

えてみれば、ファミレスでも、ステーキやハンバーグって鉄板の上にのっかって出てきて、ウエイトレスさんに「鉄板がお熱くなっておりますので、お気を付け下さい。」なんて言われますよね。

、値段は張りますが、どうせ鉄板を買うなら、究極の肉を楽しむ極厚9㎜鉄板、つまり今回ご紹介する商品が良いのでは無いでしょうか?

の厚さゆえ、中までじっくりと火を通す事が出来て、ジューシーに美味しく焼き上げる事が出来ます。

説には、熱していないフライパンに肉を載せて、低温からゆっくり焼き上げることで、同様の焼き上がりになるとのことですが、とにかく時間がかかります。

かも、素材は鉄なので、洗剤でしっかり洗って、油を引いて保存となりますが、中華鍋と同じく、使うほど使いやすく馴染んできて、しかも、さらに美味しく調理が出来るのが素敵なところです。


スポンサーリンク

あ、万能に鉄の調理器を使おうとすれば、ダッチオーブンが良いのですが、重さから考えるに、さすがに9mmあるでは無い様に思います。

くことだけを考えると、陶板や溶岩プレートも良いかと思いますが、取り扱いの楽さや、ラフに扱っても大丈夫なところ等を考えると、鉄板に軍配が上がるのでは無いでしょうか?

だ、金額はともかく、この重さだし、収納する場所を考えないといけませんね。これが、おっさんに取ってのネックかな。

っともアウトドアクッキング専用にしてしまえば、物置収納でも良いんですけどね。

だ、普通にキッチンでも使いたいな。贅沢な悩みかも。



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA