リニューアルの功罪。本当に、必要ですか?

老害と言われようと、新しい物にはなじめないんだぁ~!

ニューアルって、意味としては「新しくすること。新しいものに変えること。一新。」「店舗などを改装・改修すること。」って出てます。


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

えば、新しい台に誘客効果が見込めるわけですから、パチ屋さんが、新台入れ替えリニューアルオープンというのは良く分かります。

も、スーパーとかDIYのそれって、なんなんでしょうか?

に、新しく特別な場所を作でもなく、売り場のレイアウトだけ替える。

こに、何をどこに置いてあるか把握するまで、まごついて、正直言って、迷惑以外の何物でも無いんですけど。

客さんは新しモノ好きだし、オープンセールで新たなお客さんの取り込みも出来るし、お店としては、客の入りを多くするための方法なんでしょうけど。

近、イトーヨーカドーネットスーパーのウェブサイトのリニューアルがされました。

んのためにやったのかさっぱり分からないくらい、使いにくくなってしまいました。


スポンサーリンク

えば、商品を選んでカートに入れるときに、数量の指定が出来なくなり、わざわざカートから、必要な数量を入力しなくてはならないんです。

までは、入れるときでも、カートに入れてからでも出来たんですよ。

ェブサイトとの、リニューアルは、とにかく使い勝手に直結して、手間がかかれば使われなくなってしまうので、クラシックバージョンに変更できることが多いんですが、そんな配慮もない。

っさん的には、バカなの!って感じです。まあ、それでも、使っているうちになれてきたので、もう、大きな問題では無いですけど。

かに、リニューアルが必要な場合もあるでしょう。でも、変えちゃあいけない事ってあるような気がするのですが…

えば、Mercedes-Benzの運転席のsheetを調整するスイッチって、グレードが違っても、年式が違っても、全て同じような位置に、同じ形で取り付けられていますので、Mercedes-BenzからMercedes-Benzに乗り換えたときに、一切、違和感がありません。

なみに、このスイッチ、sheetの形に、スイッチがレイアウトされてます。ヘッドレスとのスイッチを動かせば、当然ながら、ヘッドレスとが動くというように、凄く分かりやすいです。


スポンサーリンク

ころが、理由は分かりませんが、最近のMercedes-Benzは、シフトレバーをセンターコンソールから無くして、ステアリングコラム右側のレバーにしてしまいました。随分と、大胆なことをしたものです。

ートマのセレクターって、確かに、ただのスイッチですから、プリウスやジャガー一族のように、どうレイアウトしても良いのですが、決まったところにないとマゴマゴします。

かも、ステアリングコラム右側のレバーって、国産車なら、ウインカーレバーですからね。

れも、慣れてしまったので問題は無いのですが、新しいMercedes-Benzは全部この方式にしてしまうという風に、統一はなされているので、新しくMercedes-Benzを買っても違和感は感じないでしょう。

まり、新しく何かするときに、そうする事にお客様の安全に資するとかちゃんとしたエビデンスがあり、それがはっきりしていれば、その形を押し通しブレ無いのが、お客さんの為だと思っているのです。

ういうrenewalなら、最初は慣れませんが、結果的には享受できます。

あでも、こんな文句も、新しい事に対処する能力なり予備力なりが、少なくなってきているからこそのものなんでしょう。

から年寄りが、このクソ暑いのに、エアコンは嫌だと言って使わずに、熱中症で死んじゃったりするんでしょうね。

っさんも、UNIQLOみたいに、籠ごと台に置けば精算してくれるシステムなら使えますが、自分でバーコードを読ませる式は、お手上げだったりします。

いう分けで、今回は、自分で老害を認める文章になってしまいました。



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA