手のひらサイズのお庭:PICOを使って見ました!

良いかも。

 

『手のひらサイズのお庭:PICO』 でご紹介したやつです。

は、二週間以上前に到着していたのですが、マゴマゴしているうちにドンドン設置が遅くなってしまいました。


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

こにも書きましたが、おっさん、寝室に植物を置きたいのですが、いわゆる観葉植物の鉢植えはスペース的に厳しいので、ミニチュアサイズの植物を置いていました。

ころが、多分日当たりのせいだと思うのですが、半年と保った事がありません。

間いらずの筈の多肉植物もエアープランツすら枯れてしまいます。

んなんで、諦めていたのですが、『手のひらサイズのお庭:PICO』なら大丈夫そうと導入したのです。

ころが、USBにコードを挿して本体に接続しても、LEDが点灯しません。

かしいなと思って、別のUSBに挿してみると点灯します。

く考えてみたら、5V 3Aチャージャーじゃないと駄目だったのです。

だのLED照明かと思いきや、成長促進ランプだったのですね。


スポンサーリンク

力が大きいので、発熱も大きく、ランプの上がヒートシンクになっています。

際、点灯するとそこそこの温度になりますが、何とか火傷するほどではありません。

て、説明書通り、ポッドの下に細かめの石を入れて、その上に今回は室内観葉植物用の土?を入れました。

えるのに適当な物が無かったので、庭先の多肉植物を様子見で植えてみました。

ころで、ポッドを置く場所はどうしよう?


スポンサーリンク

構考えてしまったのですが、一番邪魔になりそうもない、ベッド脇棚の柱に設置しました。

石が使えないので、ビスに引っかけている感じです。(元々そういった構造をしています)

5V 3Aチャージャーを買って散財だったのに、もう一つ問題が…

Anker PowerPort 2 Elite (USB 急速充電器 24W 2ポート)

 

日中、成長ランプを点けていくわけにはいかないし、いちいちオンオフも面倒です。

PICOのオプションにタイマーがあったのですが、値段的に買っていませんでした。

こで、オンオフタイマーをAmazonで探っていたら、思いついたんです。Smartコンセントで良いんじゃねって。

サンワダイレクト タイマーコンセント 24時間 アナログ式 15分単位 電源自動オン/オフ 700-TAP016

 

調べてみたら、今はもうアナログのオンオフタイマーに比べて、滅茶苦茶高いって訳では無いんですね。

SwitchBot スイッチボット スマートプラグ Wi-Fi コンセント

 

らって言うことで、を購入しました。

ころが、これがなかなか使用できる状態にならない。

ったなって思っていたら、気が付きました。

力した家のWi-Fiにアクセスするときの認証コードの最後に、余計な半角スペースが入っていました。

れを解消したら、すんなり接続可能となり、各種設定も出来るようになりました。

論、最初にオンオフ設定をしましたが、一分単位で設定が可能なのが、アナログのタイマーとの違いですね。

Alexaに対応しているので、この設定もしましたが、何をしたか覚えていないくらい簡単に終わってしまい、音声コントロール出来ています。

たり前ですが、外出先からこのスマートプラグを自由にコントロールできるので便利です。

更、アナログのタイマーのはもどれませんね。

いう分けで、後は、植物がちゃんと育ってくれるか見守るのみです。



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA