ライト付きミュートボタン「MuteMe」

リモートワーク必需品!?

MuteMe紹介HP

動画で確認して下さい!

日は、東京のオミクロン株感染者が2000人を超えました。

当に、急激に感染者数が増えています。

レに対応できる企業と出来ない企業で、今後大きく差が出るでしょう。


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

際、対応している企業も増え、結果として首都圏のJRの発着本数を削減するところまで来ています。

日のニュースのよると、何とヤフーでは居住地は、日本全国どこでも良いとするようです。

ロナ禍にあって、リモートで業務が出来て支障が無いのでこうなったようです。

応、交通費は月に15万円ほど支給することも可能のようですが、変われば変わったものですね。

だ、生身の人間のふれあいも大事であるとして、リアルな飲食をともなう集まりのため、月に5000円支給するんですって。

うなると、給料に大差なかったら、絶対ヤフーに入社したいという人現れますよね。

まり、リモート対応がしっかりした企業に、優秀な人材が集まることになり、リモートに出来るのに、旧来からの仕事のやり方にに拘泥している企業は、未来が無いことになります。


スポンサーリンク

いうことで、リモートの仕事、及びそれに付随してリモート会議は増える一方でしょう。

の状況に対応して、いろいろなアイテムが出現しています。

えば、以前にご紹介した、常にマウス動かしているように偽装するものとか….

参考:「マウスジグラー」って、ご存じですか?

あ、マウスジグラーはおサボりグッズな訳ですが、今回ご紹介のライト付きミュートボタン「MuteMe」はごく真面目な製品です。

いうのも、リモート会議中マイクを切り忘れていて、大変な事になったって事ありませんか?


スポンサーリンク

イクを切り忘れてしまって、他の人と当たり障りに無い話しをしていてマイクが拾ってしまい、でも内容的には人に聞かれると恥ずかしいってありますよね。

ういった配信してしまうと、きっと穴があったら入りたい気持ちになるでしょう。

だ、コレはまだ良い方です。

論が発熱してきたとき、マイクを切ったと思って、罵詈雑言をつぶやいてマイクが拾ったら、コレはもうヤバイですよね。

事には至りませんでしたが、おっさんのパートナー、やらかしました。

容が酷いというというほどでは無かったので、皆さんに謝るだけで済みましたけど。

んな危機を何とかするために生まれたのが、ライト付きミュートボタン「MuteMe」です。

するに、オンラインビデオ通話のマイクのon-offを切り替える、ライト付きのボタンなんです。

えばマイクONの時は緑、OFFの時は赤など、ビデオ通話のマイクステータスを分かりやすく可視化できので、マイクの切り忘れは激減するはずです。

の光る色は、赤と緑以外にも好きな色を設定できます。

イクのon-offの切り替えは、上部をタッチするだけで簡単にできます。

かも、確実に切り替えが可能なように考えられているので、感度がよくストレスなくマイクのON、OFFを切り替える事が出来ます。

本円にして、3000円程。

モートワーカーのマストアイテムのなるのではないでしょうか。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA