久々に、コロナネタです。 Omicron strain

オミクロン株とステルスオミクロン株

うとう第6波、想定していたとはいえ大変なことになってきました。

週中に、東京では2万人越え、全国では10万人超えも現実味を持ってきてしまったようです。


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

症化リスクは、凄く低いのは確かなようです。

も、いくら重症化リスクが低くても、分母が大きくなれば重症者の数が増えるのは自明のことです。

応さえ出来れば、これも大した問題ではありません。

さんも十分お分かりな様に、実は何ら対策が打たれていないのと同じ状況です。


スポンサーリンク

う、医師の診断だけでコロナ患者の認定が出来るようになるし、感染者は自分自身の手で自身の濃厚接触者に連絡しろっていう始末。

かに、保健所はパンクしているので仕方が無い対応だとは思います。

も、こうなったら、なんでもありになっちゃうでしょ。

PCRや抗原検査キットが十分に出回っているなら、どうにかなるかも知れませんが、それも供給不足。

みの三回目のワクチン接収は遅々として進まず、接種率は先進国最低水準。

れらの状況を見て、政治的失策では無いって人は、そんなには多くないのではないでしょうか?

済を回さないとまずい、そりゃあそうです。

える命が救えないのはまずい、これまたそりゃあそうです。

も、決断しないと両方とも上手くいかなくなる時が今なんです!


スポンサーリンク

院選があるから、何とかその決断をせずに収束してくれることを祈っているんでしょうね、きっと。

って、どっちを優先したって、批判を招きますから…

れでも、それをするのが政治の働き。

れが出来ないなら、日本には、政治家がいないことになりませんか?

挙で当選することだけに汲々としている利権屋集団には、無理なんでしょうね。

れこれこういう理由で、つまり、エビデンスを持って国民に話しかけ、それでも起こりうる批判や実際の不具合をしっかり捉え対処し、結果としてどれだけ詰られようともやり抜く、そして結果に責任を持つ、こういった人物がいない限り、コロナ禍は切り抜けられないでしょうね。

っさんは、自分も罹患するとと重症化しやすいリストに入ってしまいますが、それでももうどうにでもなれって気になってきます。

って、もう集団免疫が獲得されない限り、切り抜ける方法は無いのですから。

刻も早く、罹患した方が皆さんの為なんて気にもなってしまいます。

外国をみてみると、一回現在の流行がピークになっても、すぐにステルスオミクロン株に置き換わって感染者数は増える様ですし、しばらくはただただ傍観するばかりになるのでしょう。

体全体なんでこんな状況になったんでしょうかね?

も、本音はやっぱりかかりたくないです。

さんも、お気を付けて。



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA