【熱風乾燥機能】搭載ロボット掃除機! Dream Bot W10

吸引・水拭き・モップ洗浄全てを全自動にお任せ!

Dream Bot W10紹介HP

動画で確認しましょう!

画で良く分かると思うのですが、要するに吸引しながらモップをかけてくれる全自動掃除機です。

除機ロボットというと、何と言ってもiRobot社のルンバが有名ですよね。


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

にも、床拭きロボットのブラーバがありますが、実は、おっさんいままでも書いていいますが、持っていたりします。

参考:iRobot 床拭きロボット ブラーバ ジェット240

 

にかく床をロボットが拭いてくれるのは助かります。

も、事前に掃除機かけておかないと、なかなかって感じていました。


スポンサーリンク

こで、ダイソンのスティッククリーナーのヘッドを交換して使えるモップ洗浄機能を合わせ持った物を買いました。

参考:ソウイジャパン マルチウォーターモップ「SY-140」

 

れ、凄く便利なんですが、重たいのとターボモードで使わないといまいち吸い込みもモップ掛けも弱い気がして、でも、そうすると稼働時間が短くてって感じで痛し痒しで使っていました。

局どうなったかというと、普通にダイソンかけて水吹き機能を持ったモップを使っています。

れがお手軽で、凄く良いんです。

参考:Bellababy モップ スプレー フロアモップ Mop spray Floor mop

色:ブルー モップ スプレー フロアモップ 交換用パッド 4枚付き 向上噴水可能 窓ガラス用 スクイジー ガラスワイパー付き 450ml大容量 フロアワイパー 360回転 水拭きモップ 片手操作 丸洗い

楽天で購入

 

 

だ、結局元の掃除に戻っただけで、ロボットに任せて楽ちん生活からは離れてしまった次第です。

ころが、今回ご紹介のモップ自動洗浄機能付きロボット掃除機「Dreame Bot W10」は、それを見事に実現してくれるものとなりそうです。

ず、吸引力ですが、これがモンスタークラスの4000Pa! 吸い込みが弱いと、結局何にもなりませんから、嬉しい限りです。

なみに、賢いDreame Bot W10は掃除の途中で汚れたモップを自動で洗濯板のような内部で強力こすり洗いしてくれます。


スポンサーリンク

ので、常にキレイなモップでの水拭きは手作業のような安心感を得ることができます。

なみに、超大容量4Lの洗浄用水タンクを備えており、掃除を中断して水の入れ替えをすることなく、最大で200㎡の家を水拭き掃除することが可能です。

ころで、モップ掛けもしてくれるものは他にもある訳ですが、結局、モップ部は手洗いというか別途洗濯機でも良いのですがちゃんと洗濯する必要がありませんか?

いうのは、どうしてもモップ部が生乾きになって、あの独特の嫌な臭いを発してしまうからです。

ころが、賢いDreame Bot W10(まさに賢いが付けたくなります)は、これを革新的な熱風乾燥で対処!

は、一般的な水拭きロボット掃除機のモップ乾燥は自然乾燥もしくは送風乾燥ですが、Dreame Bot W10は、今書いたように40度の熱風乾燥を採用し、2時間でモップを素早く乾かします。

すぎますね!

かも、今ならMakuakeにて日本初上陸記念!? 最安30%offの57,600円と凄くお手頃です。

いっても、おっさんには買える額ではないですけどね。



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA