故、あなたの車を高く買うのではなく-高く売ります-なのか?

は、中古車買い取り業者さんは、買い取った車を必ずしも自分の店舗に並べるわけではなく、決して中古車屋さん以外の一般人が立ち入ることの出来ない自動車Auctionに出品して、売れた価格との差額を利益として得ています。ディーラーの場合も同じで、下取りに出すとそのままディーラー系の中古車屋さんに並べられそうですが、例えば他社の下取り車など、自己店舗では売りにくい場合など、やはり自動車Auctionに出品して差額を利益としています。考えてください、30万で下取りした車を、自己店舗で50万で売ったとしたら売主怒りますよね。だから、売ったお店に並ばないと思いませんか?

店舗の中古車買い取り業者さんは、店舗の維持費や専門のスタッフの人件費、電話オペレーターの費用等を見越して、査定額を決めています。仮に、50万円で売れる車を下取り車として仕入れる場合(ユーザーが売った場合)、売れるまでの経費が、もし5万円と考えているとすると、この時点で買い取り価格は45万円以下になります。当然、この経費を引かれなければ、この場合5万円高く売れる事になります。実際には、さらに利益分を上乗せするので、売値が50万円の車の査定は30万円以下になります。実店舗を持っているお店は、大体似たり寄ったりですから、今すぐその車を欲しがっている人がいるとか特別のことが無い限り、どこも査定額は似たり寄ったり。多少の差が付くものの、驚くほどの値段を付けてくれる業者さんはいません。

ぜ、『あなたの車、高く売ります』という業態に行き着いたのか? 以下2017/06に自身が体験した実話です。

検2年付50万で買った平成17年式(2005年式)のBMW318iを、平成19年式’2007年式)Mercedes-Benz C230に買い換えるため手放そうとしました。Mercedes-Benzを買った店で20万で引き取ると言われたのですが、いじって結構お金をかけていたので、少しでも高く売ろうと考え、個人売買を仲介する業者さんに委託しました。

の業者さんは、とにかく丁寧で信頼出来るところだったのですが、業者さんのHP掲載後一ヶ月経っても動きがなく、駐車スペースを空けたくてこちらでの売却を断念しました。引き合いが無かったわけでは無いので、待っていれば売れたと思います。ちなみに、38万程の値段を付けていました。

なみにこの業者さんはこちら。

 

方が無く一括査定のサイトから申込をしたところご存じのように鬼のようにアポ取りの電話がかかり、直ぐ査定に伺うとか店舗に来てくれというオファーを断り、日時指定の相見積でお願いしました。

あ、店舗で20万と言うことだからそのくらいになるのかなと思っていたら、ある業者さんが競り形式で値段をつり上げていって一番高い業者さんで決めてもらえますかと言うことでOK。

よいよ競り形式始まり。最初に付いた値段、「1.9」ン?一万九千円って事? どんどん上がっていって5.9で終了。はい、たったの5万9千円でした。それも、もしもの保証料3千円引かれて、振り込まれたのは5万6千円。

!!!! そんな !!!!

、調べてみました。オークション会場への陸送費や出品料・成約料は、概算で6万円くらいみたい。つまり、買い取った業者さんは、店舗経費や人件費を無視して考えると、この時点で11万6千円の出費となります。20万で売れれば8万4千円の儲けと言うことです。

ほど、20万で買い取ると言った中古車屋さん、同程度の車をオークションで20万で仕入れたとすると、そこに陸送費等6万円がかかり販売価格は自動的に26万円以上にますが、直接店舗で引き取ればだとその分丸儲けすることも可能だし、その分値引いて売りやすくすることも可能です。

た、個人売買の代理をして下さる業者さんで、大体3~30万位が相場ですと言っていたので、まあ、実際にオークションに出しても20万円くらいなのかも知れません。

して、ここからが本番。もし、自分が直接オークションに出していれば、オークション費用の6万円はどうしてもかかりますが、20万円引く6万円で14万円受け取れた可能性があります。

っ、なら中古車屋さんのい直接売ってしまえば良かったということになりますが、中古車は一台一台状態が違いますし、いじっている車を欲しい人もいます。オークションにかければ、その分高くなる可能性があると言うことになります。

し、予想価格上限の30万円で売れていれば、オークション費用を差し引いて24万円となり4万円得することが出来ました。しかも、個人売買の場合は、38万円でも引き合いがあったわけですから、もしかしたら、いじった分を評価されて、40万円で入札されてオークション費用を差し引いた34万円を手にしていたかも知れません。

こで、私があなたに代わって、中古車オークションに出品する組合を通して売買をしますよ。そうすれば、高く売れますよということなるわけです。

しい仕組みは、事業戦略機構 中古車事業組合のHPをご覧下さい。

私に、ご連絡を!

———–ただし、魔法の仕組みではありません———–

デメリットもあります。

ず、オークションの落札価格と一般の買い取り店さん、ディーラさんの買い取り査定見積もりとの落差分得するわけですから、この差が最低でも12万円位違わないとメリットが出ないのです。というのも、オークションの出品料等固定費として12万円がどうしてもかかってしまう為です。ただし、目安として、5年5万㎞以内の車であれば概ね大丈夫です。

念ながら、ローンが残っている場合は、ローンを完済していただかないと利用できません。私に見積もりを依頼して頂いて、他者の査定見積もりと落差金が大きいなら、取り敢えず金融機関でお金を借りられて、売却後直ぐに完済するという方法もあります。5年ローンで借りますと言っておいて、お金が入る例えば一月後に繰り上げ返済をしてしまえば、大した金利にならず結局得をすることもあります。

しく車を購入される場合は、新しい車の納車日と売却される車の日にちが違ってしまった場合、車がない期間が生じてしまいます。代車等のご用意がありませんので、落差金の範囲でレンタカー等を借りられることになるかと思います。

積もりを取らせて頂くにあたり、車検証のコピーが必要となるのですが、見ず知らずの私にそれを送ることが安全なのか? これ最大の問題かも知れません。これに関しては、いかなる完璧な解答もありません。信じて頂くほかはないと申し上げるのみです。ただし、ご契約となれば、当たり前ですがこちらの住所氏名等はお知らせ致します。

お、売却が成立しましたときのお支払いは、個人業主の扱いとなっています関係で、売主さまのお口座に、私の個人名の降り込みとなります。予めご了承ください。

 

まずは、私にご連絡を