JB74W ジムニーシエラ ダンパー交換しました! その1

なかなか良い感じです!

日、JB74W ジムニーシエラ用ダンパー オーダーしました!という記事をアップしましたが、先日、予定通りに交換してきました。

換した場所は、近くのオートバックス、費用は交換工賃含めて143000円でした。


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

直に言って、オートバックスで商品オーダーすると、割高な事が多々あるように思います。

だ、取り付けまで考えるとイロイロと面倒なので、オートバックス一択になってしまうのが弱いところです。

くに、お手頃なチューニングショップがあるか、自分ででちゃちゃっと出来てしまえば良いんですけどね。

なみに、今回取り付けたジムニーシエラ用ビルシュタインのB6ショックアブソーバーは、値引き無しの定価販売でした。

 

ネットだと82500円位で手に入ります。

価は10万円みたいですね。

参考:B74W ジムニーシエラ用ダンパー に関するPDF

れに、1時間当たり工賃10000円、3時間コースだったので税込み33000円


スポンサーリンク


計、143000円となります。

こから、先ほどの82500円(税込み・送料無料)を引くと60500円!

分でやれば、こんなに安くなるんですけどね…..

なみに、足回りを弄ったのは、Classic Miniの足回りを金属バネにして以来の頃ですから、もう5年以上前のことになりますね。

ンパーだけの交換となると、P710バイオレット以来40数年ぶりかな。

てさて、近場だけでのインプレッションです。

っと、劇的に乗り心地が良くなると思ったのですが、そんな事は無かったです。

えてみれば、そりゃあそうですよね。

ってスプリングを変えていないんだから、そこまで変わるはずがないんです。

10万円のダンパーを替えただけで、魔法のように乗り心地が変化するなんていう事は無いんです。

っ、じゃあ143000円、ドブに捨てたのか?

れがそうじゃあないのが面白いとこなんです。

ネの堅さは確かに一緒なんですが、多分ショックアブソーバーがよく動いてくれんでしょう、突っ張った感じがないので、結果として凄く柔らかい感じになるんです。

までは、金属ハンマーの乗り心地というか路面からの突き上げ感だったのが、ゴムハンマーの乗り心地になったって感じなんです。

れだけで、随分と印象は変わりました。

れと、信号待ちの時とかに止まっているときの、ボディーの揺れが一切無くなって、とにかく快適です。


スポンサーリンク

げさに言えば、アイドリングストップしてるみたいな感じなんです。

ょっと不思議です。

らに、大きく切り込みながら曲がるときに、ボディーがいきなりグラッてなることがなくなりました。

体として、交換してよかったなと思っています。

も、近場だけのインプレッションなので、高速や長距離乗ったインプレション、また上げますね。



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA