猛暑と燃費

激烈に悪化中

温が低いとガソリン気化というか良い混合器を作るのが難しかしくなります。

ので、昔のキャブ車にはチョークがあったと記憶しています。

在はインジェクションになっていますが、低温時には多めにガソリンを吹くようになっているはずです。


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

ンジンが暖まってしまえば、吸気温度も外気温に合わせて夏場より低いですから、酸素濃度も高くて燃費には理想的でしょう。

説によると、吸気温度は35℃から55℃位が良いといわれているようです。

、エンジンルームの温度ですが、水温がラパンSSで90℃位、ジムニーシエラで87℃位を示していますので、冬場であれば少なくても走行中はエンジンルームの温度は適温域に入るのではないでしょうか。

ーマルのエアクリーナーなら取り付け位置やその他を工夫して、なるべく外気を直接取り込めるようにしていますが、おっさんのラパンSSとジムニーシエラ、、両車ともご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、いわゆるむき出しのいエアクリーナーで、エンジンルームの空気を吸っています。

うなると吸気温度は絶望的になります。

号待ちや渋滞中は最悪です。


スポンサーリンク


応、両車ともエンジンとの間には遮熱板を設置し、特に走行中は明らかに温度が下がるようにしていますが、車が動いておらず走行風がない限りは無理なわけです。

うなると、例えば通勤での使用は、燃費に関しては伸び悩む、むしろ低下して当たり前なのだと思います。

れとエアコンのフル稼働が重なります。

気量が小さいエンジンだと、その負荷はとんでもなく大きく、明らかにパワーダウンしたのが分かります。

のくせ、効きが今一ですから始末に負えません。

パンSSは、特にこんな感じです。

かも、ターボ車なのでさらに外気温の影響を受けやすく、パワーもダウンしているのでアクセル開度が大きくなってしまうので燃費が下がります。

暑になってから、エンジンが壊れたかと思うくらいパワーダウンして、仕方なくアクセル踏むので、1kmから2km燃費が低下している感じです。

気温が 30度ちがうとラパンSSなら5馬力以上出力が低下しているでしょう。

う最悪ですね。


スポンサーリンク

すがに、ジムニーシエラだと、常にエアコンをオートで入れっぱなしですが、エアコンパワーが不足したと感じることもありません。

気量の違いって、重要ですね。

費の低下も、最大で0.5km/l位で済んでいます。

う言えば、Range Rover Sportに乗っているときは、5リッターのスーパーチャージャー付だし何にも感じませんでした。

ンツのC200の時もしかりです。

っぱり、2リッター以上の車が良いですかね、エアコンの常時使用には。

うそう、電気自動車も、エアコンをガンガンにかけると電費が低下しそうだけど、最近はそうでも無いとも聞きます。

当のところはどうなんでしょうかね?

う言えば、ジムニーシエラの方は、新しい添加剤D1ケミカル SOD-1 Plusが馴染んできたようでエンジンがスムーズな感じがします。

参考:JB74W ジムニー シエラ 謎の燃費悪化!

だ燃費の改善までには、至って今ませんけど、もし改善してきたら大したものです。

う言えば、添加剤の分のオイルを抜いていなかったのですが、やっと300cc程抜くことに成功しました。

から抜くのが面倒なので、安い電動オイルチェンジャー使ったら、電源入れた瞬間に飛んじゃったり、普通の吸引ノズルでは吸引できないので、シリコンチューブを付け足したりてんやわんや。

↑買い直したやつです。正常に仕事こなしてくれました。

、抜けるには抜けるけど、途中でエアー吸ってるみたいで、30分位かかる始末。

も、オイル量が多いとエンジン内の部品がオイル面を叩いて抵抗になると聞いた事もあるので頑張りました。

当に大変でした。

り敢えず、猛暑、治まらないかな。



記:燃費の悪化にはファンの回し方が影響するようです。

まり温度は関係ないようで、風量が大きくなると燃費の悪化が顕著になるようです。

パンSSの場合、風量MAXにすると途端に遅くなります。困った物だ...

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA