JB64Wのエンブレム、チッピング塗装してみた!

パートナーのJB64Wです。


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

イ色(要するにグレーです)のパートナーのJB64W、やっぱりシルバーのエンブレムは似合わないような気がして、再三、黒にしたらと言っても、これでいいと言い張っていました。

も、どうしたわけか、最近になり、黒くしようかなと言い出しました。

うやら、フロントグリルのシルバーの『S』が似合わなく見えてきたようです。

だ、何千円も出して買うのは嫌だというので、おっさんのJB74wのノーマルエンブレムが残っていたので、これを黒くしようかというと、それがいいとの事でしたので、まずは、『S』を塗りました。


スポンサーリンク

によって、脱脂をして、ミッチャクロンを吹いて、塗装となりますが、地がシルバーなので、透けを一応用心して、ミッチャクロンの上にプラサフを吹いてから、チッピング塗装しました。

なみに、プラサフとは、プライマー&サフェイサーのことです。

装素材(下地)と上塗との付着性を確保するのがプライマーで、ミッチャクロンもこれですね。

フェイサーは、塗装面の細かな傷を埋めて滑らかに整え、塗装面の色調を均一にして、上塗の発色性を高めるものです。

当は、水研ぎして表面を滑らかにした方が良いのですが、チッピング塗装なので、省略しました。

ッピング塗装スプレーは、いつものNX ラバーチッピング ブラック NX483では無く、3M スプレーチップガード(黒)8876の物を使いました。というのも、この方がブツブツ感が少なく、レザーみたいになると思っているからです。

なみに、下の『タイヤカバーと流れるフロントウインカー付けた』のところで、広い範囲を塗った感じが分かります。

て、フロントグリルに取り付けたら、えらく気に入ったようで、リアハッチの『SUZUKI』と『Jimny』のエンブレムも塗って欲しいとなりました。

ころで、エンブレムを剥がすときは、『エーモン エンブレムはがし 1779』が便利です。変な傷がボディーに付くこともありません。

だ、エンブレムの貼り付けに使っている、両面テープが残ってしまうので、これを丁寧に除去しなければなりません。

終的には、シンナーを使いますが、結構骨ですよね。

覧のように、リヤハッチのエンブレムもグリルのエンブレムと同等の手順で綺麗に塗れました。

なみに、エンブレムって立体物ですから、なるべく四方八方から、スプレーを吹かなくてはならないのですが。おっさんは、段ボールの上に載せて、その段ボールを上げたり下げたり回したりしながら吹いています。


スポンサーリンク

っ、アップにすると両面テープのカットの雑さが目立ってしまいますね。(^_^)

うそう、エンブレムの固定の両面テープには、最近お気に入り、そして最強のゴリラテープ使いました。

のテープ、一回使ってしまうと他のテープには戻れませんよ。

いうわけで、取り付けたエンブレムを見て、嬉しそうにしているパートナーを見て、至福の時を過ごせました。

ッピング塗装に関しては、下記もご覧下さい。

ジムニーシエラ ドアにチッピング塗装した!
・Jimny Sierraにアームレスト付けてみた。
・Jimny SIERRA 真っ黒け計画
・タイヤカバーと流れるフロントウインカー付けた

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA