ジムニーシエラ ドアにチッピング塗装した!

使ったのは、NX ラバーチッピング ブラック NX483です。


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

うも、ドアの内張の下の塗装むき出しの部分が気になっていて、ゴールデンウイークには、チッピング塗装しようと思っていました。

いうのも、何だか安っぽく見えるのと、どうしても乗降の際に靴が当たるので、その保護をしたかったのです。

 

いでに、やっぱり靴が当たるドアの内張の下の部分も、チッピング塗装してしまいました。

張を、剥がすついでに、今回はスピーカーもついでに交換してしまいましたが、塗装そのものの作業手順は簡単です。

側のドアフックのところにあるネジとドアを閉めるときに持つバーの下にある2本のネジを外した後、内張剥がしを突っ込んでバシッバシッって外すだけです。

、その前にミラーのところの三角のカバーも外して下さい。ネジは使っておらず、内張剥がしで簡単に剥がれます。


スポンサーリンク

の後は、塗料がかかってまずい部分をマスキングして、塗装部分を脱脂すれば、準備は完了です。

のマスキング作業って、おっさんには凄く面倒で、絶対にやり残しが出て、塗料が飛び散ってその始末をするハメになるのですが、今回もそうでした。

画で見るプロのマスキング術は本当に素晴らしく、まねをするものの駄目です。才能無いんだろうな…

アの内張の塗装も、マスキングと脱脂さえ完了してしまえば、準備は完了です。車に付いた状態ではないので、凄く塗りやすいと思います。

ッピング塗装の良いところは、ムラになるとかあまり考えないですみ、ガシガシスプレーして、最後に塗装面からスプレー缶を離し気味に気味にスプレーすると、あのボツボツ缶が出てきます。

の意味で、NX ラバーチッピング ブラック NX483はとにかく書く塗りやすいです。

ころが、3M スプレーチップガード(黒) #8876だと、あまりボツボツ感は出ずに、レザータッチになる気がします。

の3M スプレーチップガード(黒) #8876の仕上がり具合は、下の・タイヤカバーと流れるフロントウインカー付けたを見て下さいね。

、どうでしょうか? おっさん的には大満足の仕上がりです。


スポンサーリンク

だし、ドアの内張は、塗ったかどうか良く分かりませんね。残念です。

ッピング塗装に関しては、下記もご覧下さい。

・Jimny Sierraにアームレスト付けてみた。
・Jimny SIERRA 真っ黒け計画
・タイヤカバーと流れるフロントウインカー付けた



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA