チッピング塗装に興味があります。

安く、ワイルドにJimny Sierraを仕立てたい。


スポンサーリンク

んだか、各種Jimnyのサイトを覗いていると、チッピング塗装という言葉が頻繁出でてきます。

だコレ? 長年車を趣味にしてきたのですが、よく知らない塗装の用です。

調べてみると、塗膜のチッピング(欠け落ち)による錆を防ぐための塗装なんだそうです。

っさんが知っているこの手の塗料は、シャーシブラックだけど、これとは違うらしい。あれれ、市販品みてみると、ラバーチッピングスプレーというのもあるぞ!?

は、深まります。それと、これまた分からなくなったのが、アンダーコートとシャーシブラックとチッピングコートの違い。


スポンサーリンク

?? アンダーコートって、おっさんの感覚だとボディーの内側に貼られていたタールみたいな滅茶苦茶剥がすのが大変な防音吸振材だと思っていたのですが、ホイールの内側などに施工されている物を指すようですね。

音とボディーの鋼材を錆から守るということで、シャーシブラックとおっさんの知っている古いアンダーコートの性能を兼ね備えた物なのですね。

ゃあ、チッピングコートって何なのかというと、まさに塗膜の欠けを防止できるわけですから、塗装皮膜はカチコチではないのだと思います。

た目も、施工の仕方による用ですが、ブツブツと荒々しい感じで、まさにアウトドアで使用している物に施されていると良い感じな塗装です。

直、直近に乗っていた3台の4WD車はまさにSUVで、この手の塗装が似合う感じは無かったので気に留めていなかったのだと思いました。

も、Jimnyはまさにオフローダーなので、この塗装が格好良く思えるのですね。


スポンサーリンク

んなに高くなくスプレーが買えますし、何と言ってもブツブツしていてこそのチッピング塗装ですから、そんなに塗るのは難しくなさそうです。

だ、調べてみると、元の塗装が明る目の色の塗装の場合は、事前にマットブラックを吹いていた方が良いようです。

めに、ブツブツに吹くので、下地が透けることがあるという事のようです。

き方にもコツがあるようで、近くで吹くとブツブツが少なく、遠目に吹くとブツブツが荒くなるんだそうです。コレは、もっともだと理解できます。

れと、物によっては白ボケしやすいようで、上にシャーシブラックを吹いた方が、艶は長持ちするそうです。

にやら、いろいろと面白そうなので、やってみたいと思いました。

戦記をお楽しみに!


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA