Jimny Sierra納車されました!!

2019年2月オーダーでした。


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

に、何回か書きましたが、本年2月のオーダであるにもかかわらず、12月15日に納車となりました。

のわけは、これも既出ではありますが、おっさんがオーダーしたのと同じシフォンアイボリーメタリックのツートンのマニュアル車がキャンセルされたことによります。

AT車のオーダーが多いので、マニュアルを選択したのが早い納期に繋がったとのことです。

Jimnyって、工場オプションが無いから、希望の色・グレードの車がキャンセルになったら、ドンドン回すことが出来るみたいです。でも、ATの比率が高いので、それを希望するとやはり遅くなる傾向みたいです。

て、予定時刻に行くとちゃんと置いてありました。当たり前ですけど。ひとしきり、外で見ていたら、事務のお姉さんが出てきたので、この車の納車と伝えたら、担当セールスマンが来ました。

舗にて、保険の手続き等しました。その際、LSDを入れたので、ノーマルデフを提示してくれそうになったので、やんわりと断りました。昔から、整備工場では、交換した品を見せてくれる分けですが、今回ばかりは、みても仕方が無いので。


スポンサーリンク

愕すべきは、セールスマンが、LSDが何であるのか分かっていなかった事です。このセールスマン、前にも書きましたが、本当に車のこと好きでは無いのだろうな。ちょっとビックリの話しでした。

てさて、納車日は、殆ど乗っていないのですが、ファーストインプレッションは、最終減速比の加減もあるでしょうが、以外とエンジンが廻ってくれてストレスを感じないと思いました。

ケ上がりは、なんだかとってもフリクションが少ない印象で、最近の国産車って凄いななんて思ってしまいました。

ので、そんなに非力さは感じないと思いますが、基本的にはモアPowerって気もします。

分の問題もあるので、春までにはマフラー交換したいです。

て、サスペンションなんですが、予想外にふわふわした印象でビックリしました。最近、エアサスの自動制御以外の4WDに乗っていなかったからこそだと思いましたが、運転の仕方を変えないといけないようです。


スポンサーリンク

手席のパートナーは、酔いそうってしきりに言っていました。さて、困った物だ。

っぱりそれなりの車高だし、足が動く方向で作られているためか、ハンドルを切ると、グラって来ます。

れと、久々に乗るボール&ナット式ステアリング機構はやっぱりダルな感じで、一番困るのは、ハンドルを戻しが遅くなってしまうことです。

かに、ラフロードで確実に、しかもキックバックをなるべく抑えるためには、仕方が無いシステムですが、やっぱり慣れが必要ですね。

、シートのホールド性が低く、身体が動くのも気になります。乗ったり降りたりを頻繁にしなくてはいけないシチュエーションなら良いのですが、おっさんの乗り方だと、交換したくなってしまいます。

末に、熱海に行くのですが、雪や路面凍結を考えて、このJimny Sierraで行こうと思ったのですが、十分に車の特性に慣れてからで無いと、まずいことになるかも知れませんね。(^_^;)

車前に、浮かれて買ったものは、やはり無駄になるように思います。付けてみたら、しっくりとこない物が続出しそうで、ビビっています。この辺は、おいおいレポートしますね。

れと分かってはいたことですが、リアシートを倒さない限り、圧倒的に荷物が積めないです。

末に、熱海に行くなら3人となるのですが、何とか上手くスペースを作らないと旅行鞄が載りそうもありません。これまた、困った物だ。

あ、今日のところは、こんな感じです。

んだか、大して走らせてもいないし、何か大きな物を取り付けたわけでもないのに、気持ちがはしゃぎすぎたのか、ぐったりです。

い歳して、まだこんな事になるんですね~



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA