結局、グリルのカーボン柄、張り直してしまいました。

やっぱり、HASEPRO マジカルカーボンは良いです。


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

故、張り直したのか? まずは、この写真見て下さい。

真は全て上がリーズナブルなカーボンシート、下がマジカルカーボンです。

見すると、リーズナブルな方が、艶もあってよく見えなくもないのですが、逆にいかにもシートっていった感じもあります。


スポンサーリンク

ジカルカーボンの方が、何か凄みの様なオーラがあるように感じるのは、おっさんだけでしょうか?

て、今回は、施工のやり方を変えました。というのも、リーズナブルなシートの方は、そんなに厚みがないので、大体の大きさにカットして、貼り付けてしまってから、段差を探して、そこのカッターを入れてカットするという方法が採れますので、それで施工しました。

ころが、マジカルカーボンは、ある程度の厚みがあるのでこの方法が採れません。しかし、透明の型を取るシートが付属しているので、これを貼ってカットするところをマーキング、透明シートを剥がして、マジカルカーボンに貼って切り抜いて貼るという事が可能になりますので、この方法で施工しました。

ちらが楽かといえば、当然、貼り付けてカットが楽なのですが、結構細かい部分でアラが出ます。

取りしての方は、手間はかかりますが、やっぱり満足度が高い仕上がりになります。

れと、R部分などの処理ですが、リーズナブルな物もマジカルカーボンも引っ張れば伸びますし、熱を加えれば、結構複雑な形状でもフィットしてくれます。


スポンサーリンク

ころが、この作業で両者の一番の違いが出る気がします。というのも、リーズナブルな物は、ちょっと熱を加えるとグニャグニャと節操がなく柔らかくなり、丸まろうとして、これが結構扱いづらいのです。

方、マジカルカーボンの方は、厚みもあるせいなのか、節操がある柔らかさとなり、必要以上の気遣いはしなくて済みます。

論、温度を上げすぎれば、結局同じ事になるのでしょうが、おっさんには、圧倒的にマジカルカーボンの方が扱いやすいです。

あ、値段が全然違うので、普通には比較できないとは思いますが、やっぱりマジカルカーボンは、最高ですね。



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA