洗車とシリコンスプレー

コーティング剤やワックスより優れているのか?


スポンサーリンク

れまでも、洗車について何回か書きましたが、シリコンに焦点化して書いてみたいと思います。コーティング剤、ワックス、シリコンそれぞれ目的が違うように思います。

コーティング剤は、塗装表面に例えば強固なガラス被膜を作り、紫外線や各種の汚れから塗装を守ることを第一にしています。専門店でっかりした施工をするのであれば、塗装面の油分・ワックス成分や汚れ・古いコーティング剤を落とし、恐らくは一回はバフがけ等して塗装面をなるべく平滑化して施工しますので、結果として十分な艶や撥水効果等が期待できます。

た、コーティング剤の種類により親水化したり撥水化したり仕上がりは色々選べます。簡易的なコーティング剤も、仕組みは同じですが、下地をしっかり作らない場合(素人が下地を作るのは難しい場合)が多いので、耐久性や艶、撥水性能はプロに頼んだ時に比べ良くありません。

って、しっかりした下地を作ってから施工を行うコーティング業者の値段が張るのは当たり前かも知れません。きっと、プロ用のコーティング剤を手に入れたとしても、仕上がりは雲泥の差があるはずです。



ワックスは、おっさん世代にはなじみが深く、今まで一番使われてきたモノで、簡単に言えば、コーティング剤のガラス皮膜に当たる部分が、カルバナ蝋となっているわけです。

ンパウンド入りの物や固形半練り等種類も価格も豊富です。洗車して、基本良く水分を拭き取ってからワックス掛けすれば良いのですが、拭き取りに力も時間も取られますし、そんなに耐久性も高くないなど、使い勝手は良くないかも知れません。


スポンサーリンク



近は、コーティング剤と同じく親水のモノや撥水のモノなどがあります。それと顔料?が入ったものがあり、ボディーカラーに合わせたモノを使うことによって、細かい傷をこれで埋めてキレイな仕上がりとなるものもあります。色あせもある程度カバーできます。

て、クルマに使うシリコンですが、これは元々可動部の潤滑剤として使われていたのでは無いでしょうか? 特に石油系溶剤タイプは、この用途での使用と限定されます。

ディーに使うのは、「無溶剤」と明記があるものです。こちら、ほぼ万能に使えます。潤滑や滑りをよくする目的、防水防錆目的、撥水目的、つや出し目的などです。ただし、5-56などとは違って、浸潤性能は期待できないようです。


スポンサーリンク
Smart Drive Cars
人気ブログランキング
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラ還オヤジへ
にほんブログ村

にかくツルツルと良く滑るので、ボディーに使えば、水は転がり落ちます。細かい傷の部分にも入り込みますので、曇りガラスに水を付けると透けるように、ボディー全体が鏡面のようになります。(ただし、細かい傷だけです)

工も、洗車後に、スプレーして拭き上げるだけと超簡単。施工方法はどちらがいいのか解りかねますが、濡れたボディーに直接スプレーして拭き上げる方と、拭き上げてからスプレーして伸ばす両方いらっしゃいます。YouTubeにどちらの動画もあると思いますので、参考にして下さい。

れから、洗車後、クロスでボディーの水分を拭き上げる際に、なるべくボディーを傷つけたくないと、クロスにシリコンを少量スプレーして拭き上げるという使い方もあるようです。

だ、おっさんはボディーへのシリコンスプレー仕上げは、あまり好きではありません。結構ムラになって、虹色が見えたりして、これをリカバリーするのに中性洗剤を少量入れた水にクロスを浸して固く絞って仕上げるのが面倒なのです。

こで、あまりシリコン系も使わず、ワックスもまず使うことは無く、いつも使っているのは超簡単にコーティングできて、そこそこの艶が出るPermaluxe パーマラックスになってしまいます。

かし、エンジンルームや内装系・タイヤにはバシバシ使っています。メッチャ艶が出てキレイになります。しかも、汚れが付きづらいです。

だし、ウェッティーに仕上げると埃を呼びますよ。それと、フロントウインドーに使うとよほど注意して薄くのばさない限り、ギラつきが出ると思っています。あと、

装系ではレザーシートやビニールレザーシートには使わないで下さい。お尻が滑って大変なことになります。

なみに、中古車を販売するときに、エンジンルームや内装のプラスチック部分にシリコンスプレーを吹きまくって、アラを消す場合もよくあるようです。

れから、シリコンスプレーは家庭内でもつや出し等に大活躍。ただし、フローリングの床に付けてしまうと、カーリングが出来る位滑りますので厳禁です。(笑)

っかくですから、おっさん家のとっておきの使い方をお教えします。便器や便器周りの壁や床(立つところは、滑るからダメですよ)にスプレーしておくと、尿の汚れが処理しやすいです。

後に、シリコンスプレーの値段は、それこそピンキリなのですが、自分に取って使いやすい製品が出てくると思いますので色々使って見ることをお薦めします。

っさんが使ったシリコンスプレーその1 ガレージ・ゼロ シリコーンスプレー GZSS03 198円
とにかく安いのとスプレーノズルの構造が好きで買いましたが、スプレーされる範囲が狭くて、意外と使いづらかったです。

っさんが使ったシリコンスプレーその2 KURE シリコンスプレー
値段もそこそこ、スプレーの範囲も適切なのですが、スプレーノズルの脱着が若干面倒です。おっさんの普段使いのスプレーです。

っさんが使ったシリコンスプレーそ3その4その43 ワコーズ SL シリコーンルブリカント シリコーン系潤滑スプレー
とにかくスプレーパターン・品質・ノズルの形状全て神レベルです。ただし、高いのが玉に瑕です。

後におっさんが使ったシリコン(スプレーではありません)その4 巷で話題の 信越化学工業 シリコーンオイル KF-96-50cs これだけだと使い勝手が悪いので、有機溶剤OKのスプレーボトルも必要です。フルプラ ダイヤスプレー エクセレント 500 (8cmノズル付) NO.3530

これ、とにかく濃いシリコンの液体です。コスパも凄くいいです。ただし、ガス圧で噴射するスプレーに比べて、あくまでも霧吹きで塗布するのと粘度の関係であまり霧状にならないので、施工性は良くありません。ただ塗布した時のつやつや感と満足感半端ないです。(^_^)v ただ、本来はあくまでも剥離剤で、つや出し用にはKF-96-300csという製品がありますが、こちらは粘度が高いので使いづらいようです。

Miniのタイヤに信越化学工業 シリコーンオイル KF-96-50cs施工

 

12年落ちのW203 C230のエンジンルーム シリコンスプレー施工

つたない動画ですが覧下さい。

こちらもご覧下さい→洗車の動画-コーティング剤-ブロアー-シリコンスプレー

 










 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA