サンコー タンク式充電どこでも高圧洗浄機使って見た。その2かな?

ホームセンターで見かけたハンドスプレー蓄圧タイプのお話し


スポンサーリンク

Amazon プライムビデオ

ンコー タンク式充電どこでも高圧洗浄機使って見た。その1の続きといえば続きなのですが、今回は高圧洗浄機の話はメインではありません。

の製品、可搬性に期待して購入し、ある程度満足できる水流ですし、それらの点については一切問題無いです。

、洗車の時って、シャンプーした後大量の水でリンスする必要がありますが、高圧洗浄機は、これがケルヒャーであったとしてもですが、少ない量の水に圧をかけているのであまり実用性を発揮しません。

だ、単純にホースの水をかけるのが、一番の時短です。

て、前置きはこの辺のして、本題です。

の高圧洗浄機で洗車する際の洗剤を含んだ泡の噴射を欲しいのですが、ことごとく失敗しているわけです。無論、手持ちのケルヒャーに正規の手順で取り付ければ、出来ますけど大がかりなのが難点であるのは、お話ししたとおりです。

こで、洗車専用の蓄圧式スプレーを『サンコー タンク式充電どこでも高圧洗浄機使って見た。その1』でご紹介したのですが上手くいきませんでした。


スポンサーリンク

んなおり、ホームセンターの行ったら、格安で農薬等散布用の蓄圧式はんどスプレーを見つけたので、買ってみました。

うしたら、これが結構具合が良いのです。詳細は、動画をどうぞ!

圧洗浄機を使ったときのようには行きませんが、1000円以下で購入したし、まあ、満足できます。

だ、品番とか不明で、AmazonではHitしませんでした。ホームセンター専用品のようです。

DCM オートハンドスプレー 1L 598円(税抜)/645円(税込)

っているうちに分かったのですが、噴霧ノズルの調整も大事なのですが、スプレーの中の液剤がある程度泡だっていると上手くいくようです。

ころで、何故、泡スプレーにこだわるのかというと、感じとして洗濯物のつけ置き洗いの感じでしょうか?


スポンサーリンク

らかじめ、アワアワでボディーの表面を覆って汚れを浮かしてから、普通にシャンプー洗車するっていう感じです。

、洗浄するときの液剤にもこだわりがあって、おっさんはケルヒャー純正を使っています。この液剤、車に使える液剤としては中性ではなく、アルカリ性で汚れを浮かす能力が高いように感じます。

なみに、ボディーシャンプーの中性・アルカリ性・酸性の違いについては、こちらのHPが分かりやすいです。

ルカリに取る攻撃性も危惧されますが、まあ、ドイツ車に乗っていてドイツのメーカーの溶剤ですから、問題は無いでしょう。

うそう、前にも書きましたが、車のメーカーと同じ国で作っている洗車の用品の類いって、やっぱり相性が良いことが多いですので、頭に入れて置いて下さいね。



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA